リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)に挑むU-23日本代表の手倉森誠監督が12日、公式記者会見に出席した。

 大会はカタールでのセントラル開催となり、グループリーグは13日に北朝鮮戦、16日にタイ戦、19日にサウジアラビア戦と中2日の過密日程で行われる。しかし、このタフな戦いこそが、若い世代の選手を成長させるはずだと手倉森監督は語った。「集中開催で過密日程になりますが、このタフな大会こそが若い世代を高めてくれると信じています」。

 翌日には、ついに北朝鮮との初戦を迎える。「この雰囲気でいよいよ始まるなと気持ちにもなった」と視線を鋭くさせると、「3チームのプレッシャーを会見で一気に聞けたし、日本に対する戦いのイメージがそれぞれの国ででき上がっているのだと実感しています。まさしく標的だなという感覚です」と3チームへの警戒をより一層強めている。

 リオ五輪出場の可能性に関しては、「出れるか出れないかの可能性は何パーセントかは分かりません」としながらも、「ただ、日本として、リオ五輪には100パーセント行きたいという思いで戦いたい。我々が目指しているのは世界だと考え、いよいよ世界への挑戦のときが来たなと感じます」と静かに闘志を燃やした。

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集