デヴィッド・ボウイも好きだったシェパーズパイの作り方

写真拡大 (全3枚)

ラジオを聞いていたらデヴィッド・ボウイが亡くなったというニュースが飛び込んできました。勝手ながら、彼に不死身のイメージを持っていましたが、ニューアルバムを出して2日後に亡くなるなんて格好良すぎる。それも伝説になりそう……。



そんな彼のことを思っていたら、彼の好物であるシェパードパイについての記事をみつけました(またしても勝手ながら、彼はベジタリアンだと思っていました)。

亡くなったデヴィッド・ボウイへ手向けとしてその中のひとつを作ってみました。

『チキンシェパードパイ』



材料(3皿分)


マッシュポテト
・じゃがいも(大3個)
・バター(大さじ2)
・牛乳(1/2カップ)
・塩こしょう(適宜)

フィリング
・鶏肉(900g)
・バター(大さじ2)
・玉ねぎ(1個)
・セロリ(1本)
・にんじん(1本)
・小麦粉(1/4カップ)
・スープストック(4カップ)

【作り方】
1.マッシュポテトを作る。
じゃがいもを塩茹でし、熱いうちに皮を向いてポテトマッシャーでつぶす。
バター、牛乳を入れ、塩こしょうで味をととのえる。

2.鍋にバターを溶かして、鶏肉をきつね色になるまで焼き、一旦取り出す。
みじん切りにした野菜を入れて、しんなりするまで炒める。小麦粉を入れ、鶏肉を戻し、スープを入れて、とろみがつくまで10分程煮込む。

3.耐熱皿に出し、マッシュポテトを上に乗せ、190度のオーブンで20分焼き、でき上がり。



シェパードパイはラム肉で作るのがポピュラーですが、牛肉のものもあります。今回は塩こしょう以外のスパイスを使わず、子どもも食べやすそうなチキンで作りましたが、野菜しか使っていないレシピもあるので参考にしてみてください。

ちなみにウイリアム王子もシェパードパイが好物だそうで、やはり男子はポテトが好きだなと再確認した次第です。

記事はこちら[FOOD&WINE]