記者からの質問に答えるKDDIの田中氏

写真拡大 (全2枚)

 KDDIは12日、auの2016年春に発売する新端末や、学生向けのスマホ・タブレット利用プランの強化策を発表した。会場で行われた質疑応答と、同社の田中孝司社長への囲み会見の内容を紹介する。

--- 昨年、政府や総務省の要請で、携帯電話料金に関心が高まっている。料金の値下げも考えられただろうが、データ容量を増やす方向にしたのはなぜか。

田中氏:データをあまり使わない人もいるのに、なぜもっと使う人にフォーカスしたのかという質問かと理解しているが、今回は“ザ・学生向け”の発表会。冒頭に話したように、10〜20代はデータがもっと欲しいというのが偽らざる要望。そこにしっかりとお応えしたかった。逆にあまりデータを使わないお客様には、また機会を捉えて皆様にお知らせしたい。まずはセグメントごとのアプローチにならざるを得ないが、今後1GB以下のユーザー層にもきちんとやっていくつもり。次第にヘビーユーザーのニーズにも応えていく。新社会人に対しても25歳までのサービスとなる今回の学割プランを便利に感じていただけるだろう。

--- 総務省からの電話利用料金負担の軽減、端末販売の適正化に関連する要請をどう受け止める。

田中氏:全体のバランスを上手く調整しながら、既存のユーザーにとって不便になることが起きないようにしたい。iPhoneの販売への影響についても今はまだ計り知れないところがあるが、ガイドラインに沿ってやっていく。諸々にわたってただいま検討中なので、詳しい発表はもう少し待って欲しい。

--- 要請に対して段階的に対応していくことになるのか。

田中氏:そう聞いているが、もう少し考えてから細部を詰めたい。端末販売の適正化については新しく発表した「Qua」シリーズにも当社の考え方が込められている。つまりミドルレンジのビジネスを成立させていきたいと考えている。シリーズはそのテストケースになるだろう。

--- auもまさに1GBのプランなのか、料金はどれくらいになる見込みか。

田中氏:まだ言えないが、政府の方から1GB/5000円という案が出ている。詳細はもう少しお時間を頂いてから発表したい。

--- 学生に大盤振る舞いしているが、データ容量が足りないのは大人も一緒。このタイミングで学割を強化した理由はどこにあるのか。

田中氏:今回、25歳未満まで拡大したのはなぜかと言えば、学生の入学シーズンが年間で一つの大きなセールスシーズンだから。auは学生に親しまれるブランドになりたいと考え、2000年に他のキャリアに先駆けて学割サービスを発表した。改めて調査すると圧倒的にデータニーズが他の年代の方と比べて学生は多い。そこをターゲットに、さらなるユーザー獲得を図るために今回のプランを作った。他の年代の方は、auの違いを実感いただけるようなサービスをこれから発表するために用意しているので、乞うご期待。

--- 今後はスタンダード価格の端末が主流になるのか。販売奨励金を減らすことにも関わってくるのか。

田中氏:お求めやすい価格を望まれているお客様が、それなりのボリュームとして存在していると考えている。Quaシリーズはauオリジナルブランドの中でも、ベーシックラインを構築するラインナップに位置づけている。今後も充実させていくつもりだ。QuaはQualityの頭から取っている。お求めやすい価格で、サービスをサクサク使えるパフォーマンスとちょっとした未来感が入っている。ぜひ応援して欲しい。これから販売奨励金の話もあるので、ミドルレンジの端末は重視したいと思っている。新しいauデザインのエッセンスも入れて頑張ってつくった。

--- データチャージ、au WALLETチャージの施策を今後どう広げて行く?

田中氏:全国のauショップ以外にも窓口を広げてながら、自由な使い方ができるようにしたい。

--- 長期に渡ってauを使っている利用者へのサービスは考えているのか。

田中氏:それについても総務省のタスクフォースの取りまとめた内容をみながら、さまざまな可能性を検討している。

--- 学割を強化することによって業績への影響はないのか。

田中氏:プラン自体は以前から計画しているものだし、影響も織り込みながら展開しているので心配はしていない。

--- KDDIが電力サービスに参入する予定はあるのか。

田中氏:来週ぐらいに発表したい。

--- データ量プレゼントは他社が追従してきたら対抗できるのか。ネットワークの強さも求められると思うが、他社への優位性はどこにある。

田中氏:今回はガツンといったから、他社はなかなか追従できないだろう。もしそういうことが起きればまた考える。ネットワークはダブルLTEということで、LTEとWiMAX 2+のネットワークが全国に広がっているので、余裕が出てきていると思うが、なにぶんネットワークのサービスはつながってナンボ。これについては今後もしっかりと対応していきたい。

■関連リンク
auのホームページ