さすがに「やっちまった感」があるか(写真はイメージ、キヨシさんではありません)

写真拡大

2016年の仕事初めから1週間。おとそ気分もすっかり抜けて忙しい日常が戻ってきたが、ダイエット奮闘中の木村清志さん(仮名、以下キヨシさん)はなぜか上機嫌で現れた。

これは、年末年始も節制する日々を送って心身ともにリフレッシュできたに違いない――。編集部の期待は高まったが、話を聞くと事態はとんでもない方向に進んでいた。

数の子は「もはや主食」、尋常じゃない食欲が大爆発

休暇に入る前、キヨシさんには3つのお願いをした。(1)大好物の数の子はほどほどに、(2)おせち料理や年越しそばは食べ方に工夫を、(3)できるだけ運動する、という内容だ。

まずは食事に関する(1)と(2)は、どれほど守れたのだろうか。

キヨシさん「いやあ、それが、ハハハ...」
編集部「......(イヤな予感しかしない)」
キヨシさん「年末年始は、妻から『尋常じゃないくらい食べてたわよ』とあきれられました」

年末、キヨシさんは一家そろって夫人の実家に帰省した。両親はごちそうに次ぐごちそうでおもてなし。すき焼きにもつ鍋、手巻き寿司、唐揚げ――。久々にビールを飲み、団らんを楽しんだ。

元日にはおせち料理が登場。「塩分が多い数の子は1日2、3本に」という管理栄養士からの助言は、頭からすっかり消えていた。「もはや主食、というぐらい朝、昼、晩と毎食おいしく食べました」と告白した。塩分過剰は体への負担も大きいだけに、心配だ。

お正月の「のんびり生活」も、食欲に拍車をかけた。家にいるときはテレビを見ている時間が長く、口寂しさからつい何かを食べていたという。何気なくチョコレートを1つ、また1つと口に入れていて、気づいたら山盛りだったはずが半分なくなっていたのには「自分でも驚きました」と告白した。

キヨシさん「とにかく、いつ何を食べたか記憶があいまいなぐらい食べてしまいました」

「サッカーしました」でも動きはほとんどなく「棒立ち」

昨年9月のダイエット開始時、身長178センチのキヨシさんの体重は83.5キロだったが、11月終盤には一時77.7キロまで減った。ところが、正月3が日の間に体重計に乗ったところ、80キロを超えていたという。絵にかいたようなリバウンドに、「さすがにヤバイと焦りました」。

短期間とはいえ、暴飲暴食が気になる。それでも、管理栄養士からは「時には例外を認めることも、ダイエットが成功するコツ」との話もあった。

それに、3番目の「約束」だった「できるだけ運動する」がクリアできていれば、最悪の事態は回避できる。

キヨシさん「年末、大掃除をしました。壁や、居間のガラスを拭いたり、洗面台の周りを片づけたり。でも、これでかえって食欲が増したのかも」
編集部「息子さんと外で遊びましたか」
キヨシさん「サッカーやりました。15分ぐらいでしたけど」

近所の公園でサッカーボールを蹴り合う写真を見せてくれた。数枚撮られており、息子はボールを追って右に左に走り回っている様子が分かる。だがどの写真を見ても、キヨシさんの立ち位置はほとんど変わっていなかった。

編集部「あまり動きが見られませんね」
キヨシさん「......ほとんど棒立ちでした」

どうやら「運動した」と声高には言えなさそうだ。「せっかくアドバイスをいただいたのに、管理栄養士の方に申し訳ない」と、さすがにバツが悪そう。

ダイエットも後半戦、改めて目標を再設定

2015年秋、半年を目安にスタートした本企画。この2016年1月から後半戦だ。新たな年を迎えたことでもあり、改めて最終目標を立ててもらった。

編集部「最初は『半年で10キロやせる』でしたね」
キヨシさん「現時点では、少なくとも75キロまで減らしたい。できれば10キロ減はあきらめたくないですね」

実は、1月中に「ビッグイベント」が控えている。年に1度の健康診断だ。毎年「メタボ検診」で残念な結果に終わり、涙をのんできただけに今年はリベンジしたいところだ。当日まであまり時間がないが、まずは「平時モード」に戻って節度ある食生活の徹底と、2015年12月に軌道に乗りかけていた「仕事中ダイエット」の再開を促した。

相当不安な再スタートだが、キヨシさんは目標達成について「多分いけますよ」と、謎の自信に満ちあふれていた。

キヨシさん「実はおみくじで、2年続けて大吉が出たんですよ」

そこには、願い事が「目上の人の助けを得て思いがけず早くかなう」という内容が書かれていた。

キヨシさん「ダイエットも、きっと誰かが助けてくれそうですね」

カミ頼みに走るのは、ちょっと早すぎやしませんか。