▽J2の町田は12日、GK千葉奏汰(20)が北信越1部のサウルコス福井に期限付き移籍したことを発表した。契約期間は2017年1月31日までとなっている。

▽町田の下部組織出身の千葉は、2013年にクラブ史上初の2種登録選手としてトップチームに登録。翌年にトップチームに昇格した同選手だったが、ここまでリーグ戦の出場はなかった。

▽福井への期限付き移籍が決定した千葉は、町田の公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「この度、サウルコス福井に期限付き移籍することになりました。トップチームでは2年間、ジュニアユース、ユースを含めると8年間、FC町田ゼルビアのサポーターの皆様、パートナー企業の皆様、クラブ関係者の皆様には、本当にお世話になりました。ありがとうございました」

「これまで以上に努力して、福井で試合に出て、成長して、町田の力になれる選手になって帰ってきたいと思います。これからも頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願い致します」