ディーン・フジオカのドSメガネ男子に“キュン死に”予報【冬ドラマ予想】
【2016年 冬ドラマ予想 月・火編】

 ドラマを愛して14年のスナイパー小林、今年もドラマを解説、叱咤、激励していきます。まずは、2016年1月スタートのドラマをズラリとご紹介。途中、私の鉄砲のようなツッコミがズドンと来ますが、それはご愛嬌ということでお楽しみください。まずは月曜から火曜まで。

◆恵まれない境遇に育ったふたりの恋の行方

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
フジテレビ 月曜21時 主演・有村架純/高良健吾 1月18日(月)スタート

 いや〜、初っ端から月9が良い感じです。実の両親を失い、北海道のさびれた町で義両親と一緒に暮らす杉原音(有村架純)。借金の返済を手伝わせちゃうような東京のダメンズ、曽田練(高良健吾)と一通の手紙を通じてふたりが恋に落ちていく――。

 ざっくり資料を読むと、『二十歳の約束』(1992年、フジテレビ系)と似たような感じがするんですよ。今回は主人公がお嬢様じゃないけど、男の方にめんどくさい彼女がいる設定とかなんとなく。そのめんどくさい女を高畑充希がどう演じてくれるのかが見どころです。ドラマタイトル、現代風なのかやけに長いけど「いつ恋」とか呼ぶようになるんでしょうかね……。

◆金なし、男なし、30歳女子のラブコメディ

『ダメな私に恋してください』
TBS 火曜22時 主演・深田恭子 1月12日(火)スタート

 深キョン演じる柴田ミチコは仕事もなく、男に貢ぎまくって貯金ゼロの状態。ただただあるのは肉への欲望のみ……。見かねた元上司(ディーン・フジオカ)が喫茶店のアルバイトとして雇ってくれるようにはなるのだが、彼女の周囲にはさまざまなトラブルがつきまとってしまう――。

 内容云々よりも、注目は三浦翔平くんをポーンと飛び越えて、ヒロインの相手役として出演するディーン・フジオカ。朝ドラの「五代様」とは打って変わってドSメガネ男子として登場します。ネットでは早くも昨年から「ドS眼鏡はヤバい!」と悶絶する女性が多数。そんな彼が、希代のエロモン女優・深キョンとどんな絡みを見せてくれるのかが、このドラマのツボになると予想します。

◆愛する娘の彼氏が同い年の熟年男!?

『お義父さんと呼ばせて』
フジテレビ 火曜22時 主演・遠藤憲一/渡部篤郎 1月19日(火)スタート

 仕事一筋に生きてきた、中堅専門商社の部長・大道寺保(遠藤憲一)が28歳年下の女性(蓮佛美沙子)に心惹かれて結婚を決意。ただ、彼女の父親は同い年の大手総合商社に勤めるエリートサラリーマン・花澤紀一郎(渡部篤郎)。もちろん娘の結婚は認めるつもりはない。ただ、保の登場により花澤家のさまざまな問題が浮き彫りになり、関係性も変化していく――。

 二大ベテラン俳優によるコメディときたら、それだけでテンポが良いんだろうなぁと期待。このドラマ、実生活で同じ体験をしている加藤茶にぜひ見てもらいたいです。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
1985年TBS系ドラマ「毎度おさわがせします」を皮切りに小学生からテレビおたくになり、You Tube全盛の時代になってもテレビをひたすら愛し続け、文章にする芸能ライター。ドラマもいいけどアナウンサーのディスりも、コーヒーも大好きな40歳。