大日本印刷(DNP)は12日、自動車業界向けに、車載機器に搭載されているアプリケーションの改ざんや秘密情報の不正取得などを防止する車載システムのセキュリティサービスの提供を開始すると発表した。

 第一弾として、車載システムの秘密情報の不正な取得を防止するソフトウエア「CrackProof(クラックプルーフ)」と、車載通信機器に組み込んで通信データを暗号化し、通信機器同士の認証と管理を専用サーバーで行うシステム「DNP Multi-Peer VPN(Virtual Private Network)」を活用した自動車業界向けセキュリティ対策サービスの提供を開始する。

 DNPは、自動車業界に向けてのセキュリティ対策製品・サービスの提供で、2020年度までの5年間で50億円の売上を目指すとしている。