「i-dio Wi-Fiチューナー」外観

写真拡大 (全4枚)

 新放送サービス「i-dio(アイディオ)」をスマートフォン(iOS、Android)で受信できる「i-dio Wi-Fiチューナー」(非売品)の無料モニター募集を、ハード事業者であるVIPが13日から開始する。

 「i-dio」は、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯 (VHF-Low帯=99MHz〜108MHz)を利用し、福岡・大阪・東京で3月からスタートする新放送サービス。「i-dio Wi-Fiチューナー」は、「i-dio」の放送波を受信して、Wi-Fi波に変換する機器で、多彩な高音質デジタル音声や映像、データ放送をスマートフォンで視聴可能となる。利用には専用アプリ(無料)が必要。なお「i-dio Wi-Fiチューナー」は、リチウムイオン電池を内蔵しており、屋外での利用も可能。

 第1期応募期間は1月13日正午〜2月29日で、2016年3月時点で放送エリア内に居住・通勤・通学している16歳以上であることが条件。募集人数は50,000名で、i-dio公式サイトにて、受付を行う。チューナーは無償貸与で返却義務はないとのこと。なおモニター登録には、DNPソーシャルリンクが運営する「エルネ」への会員登録(無料)が必要となる。

 なお「i-dio」の視聴は、「i-dio Wi-Fiチューナー」の他、SIMフリースマートフォン「i-dio Phone」(コヴィア/VIP)でも可能。

■関連リンク
i-dio 新放送サービス