パイオニアのミラー型テレマティクス端末。業務車両向けに運行支援や運行管理を実現する端末で、今回のアプリケーションの開発により、常時接続とクラウドを活用したサービスの提供を実現した(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 エイチアイは8日、同社が開発協力したテレマティクスアプリケーションがパイオニアのミラー型テレマティクス端末に搭載されたことを発表した。

 2015年6月にパイオニアが発表したミラー型テレマティクス端末は、車のバックミラーに取り付けるもので、フロントカメラによるドライブレコーダーや、GNSSによる自車位置の測位、各種センサーによる安全運転支援、危険運転検知など、さまざまな情報によるサービスを提供できる。

 今回、エイチアイは、パイオニアが業務車両向けに展開しているテレマティクスサービス「ビークルアシスト」に連携するクライアント側のアプリケーションソフトウェアを開発。この開発により、ミラー型テレマティクス端末を使って「ビークルアシスト」で、走行軌跡レポート作成などの運行管理や、動態管理、ドライバーへのメッセージ表示など、さまざまな運行支援サービスを利用可能としている。

 なお、13日から東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブ ワールド 2016」にて同製品は展示されるとのこと。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI