運用メイン画面。運輸・運送業界において運転者の健康状態に起因する重大事故が増加傾向にあり、そうした事故を未然に防ぐことを目的としている(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全3枚)

 トライプロは、ウェアラブルセンサーと連動した、運輸・運送事業者向けの動態・健康管理システム「スマ・ロケ Healthcare(ヘルスケア)」を12日から販売開始した。

 主にドライバーや乗務員の脈拍や睡眠、運動量などを可視化するもので、腕時計型センサーと連携して、生体データをスマートフォン経由で自動的に管理拠点に通知するものとなっている。

 バスやタクシー、トラックなどの運送事業者などを対象としたスマートフォン連動型・動態管理システム「スマ・ロケ」と、セイコーエプソンの腕時計型ウェアラブルセンサー「Pulsense PS-100」を連動させて、ドライバーの脈拍をリアルタイムに取得し、設定値を超えた場合には運行管理者に位置情報を含めて自動通知するAndroid4.4.2以上を搭載したスマートフォンに対応する。

 導入費用及びランニングコストのイメージは、導入台数50台、管理拠点1ヶ所で、対応スマートフォンとウェアラブルセンサーを含めたイニシャルコストが2,000,000円程度、ランニングコストは、通信費と地図利用料を含めて150,000円程度となる(システム構成やオプション契約により変動あり)。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI