学生らしい光景だった。ラグビー場の隅で約150人の帝京大の部員の手によって、監督が7度、宙を舞った。みなが着た赤色の優勝Tシャツの背には白字で「7」。もちろん7連覇の偉業を誇示する数字である。

 岩出雅之監督がやっと表情を緩める。

「ホッとしました」

 それはそうだ。社会人と違い、毎年メンバーが入れ替わる学生ラグビーで勝ち続けるのは難しい。なのにラグビー界の金字塔ともいえる7連覇を成し遂げた。そこに真摯にチャレンジし続けるチーム文化が見える。

 同監督はいつも、「連覇」に関する質問には言葉を濁し、学生にとっての1年ごとの勝負と成長を強調する。監督が言葉を続ける。

「久々に厳しい決勝戦でした。重みのあるゲームを体感できてうれしく思います。連覇は、先輩からのバトンの積み重ねなんで......。1年間、学生がいい目標を持って、きちっとした努力を積み上げてくれました」

 10日の全国大学選手権決勝(秩父宮ラグビー場)。帝京大はこの日、フッカー(HO)坂手淳史主将が左ひじ負傷でリザーブに回り、エースのフルバック(FB)森谷圭介も直前の練習による大ケガで欠場した。主力の不在と決勝戦という舞台が気負いにつながったのか、めずらしく反則、ミスを連発した。前半を5−5で折り返す。

 帝京大のモットーが、『エンジョイとチームワーク』である。ハーフタイム。岩出監督はロッカー室で「もっとゲームを素直に楽しんでこい」と言った。

「(前半)ちょっと勝ちにこだわりすぎているんじゃないかと感じたんです。いいプレーを生むためには冷静さも必要なので。厳しさを楽しもうと話したのです」

 肩から力が抜けた帝京大の動きは凄まじかった。深紅の王者が怒涛のごとく前に出る。キックオフからの相手ボールに対し、フランカーのイラウアが強烈なタックルを浴びせ、乱れたパスにフォワード(FW)が殺到し、ペナルティーを奪った。ペナルティーゴール(PG)が決まる。

 さらに後半6分。今度は後半から交代出場したFB重一生が自陣ゴール前からカウンター攻撃を仕掛け、スタンドオフ(SO)の松田力也が大きくゲイン。右に左につなぎながら、要所では前に出て、最後はラックのボールを重が拾って中央に飛び込んだ。ゴールも成功して15−5。これで勝敗の流れがほぼ決まった。重の述懐。

「流れを変えてやろうと思って(グラウンドに)入りました。リラックスして、自分の強みを出せました。強み? スペースを見つけて、しっかり前に出ることです」

 帝京大の強みは、『修正力』、いわば『考える力』である。経験値の高さといってもいい。後半、ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)ではボールキャリアがより前に出るようになり、2人目の相手を一掃するプレーにも勢いがついた。モールつぶしも意識が統一され、劣勢だったスクラムでも一段低く構えて、押す角度を微妙に変えた。

 HOの堀越康介によると、自身と左プロップ(PR、1番)の徳永一斗で、相手の巨漢PR(3番)平野翔平をつぶしにいった。後半はスクラムでコラプシング(故意に崩す行為)の反則も奪った。相手のお株を奪うようにラインアウトからのモールを押し込んでトライを加えた。

 FW戦で優位に立てば、能力の高いバックスも生きてくる。早いテンポの波状攻撃、特に「アンストラクチャー」(崩れた局面)での個々の判断、動きが的確で、ゲームの主導権を握った。前半5つも犯したペナルティーは後半、1つに減った。

 今季の帝京大の強みを聞けば、司令塔の松田は笑顔で言った。

「全員がスペースを探すことができることが大きいと思います。いろんなスペースを突いて、それに連動していける。アタックの部分では幅が広がりました」

 実は松田は、試合前、ケガをした4年生の森谷から声をかけられ感極まって涙を流した。試合後、森谷から握手されて、また泣いた。

「もううれしくて。最後はみんなで笑顔になりたいなと思っていたんですけど...」

 王者の強みは層の厚さにもある。主力の1人、2人いなくても、チーム力はそう落ちない。それぞれが「自立」しているのである。松田の言葉を借りると「自分でリーダーシップとれるやつが多いんです」となる。能力の高い学生が集い、規律ある生活の中で日々、切磋琢磨しているからだろう。

 それにしても学生が7連覇もするとは。歴史を振り返ると、帝京大は2009年度、持ち味のFWを前面に出して東海大に1点差勝利で初優勝を果たし、分厚いディフェンスで早大を下して2連覇、終了直前の劇的な決勝PGで天理大に競り勝ち3連覇。個々の能力を高め、戦術の幅を広げて4、5連覇。昨年度は筑波大を圧倒して6連覇を果たした。

 社会人の新日鉄釜石(1978〜84年度)、神戸製鋼(1988〜94年度)と並ぶ7連覇とはいえ、学生は意味合いが違う。若者を育てながら勝たないといけない。帝京大の前は、同志社大(1982〜84年度)の3連覇が記録だったことからも、学生の連覇がいかに難しいかがよく分かる。

 岩出監督が説明する。

「結果としての連覇はうれしいですけど、釜石や神戸製鋼とは違います。学生は夢を持つことがエネルギーとなります。4年間、あるいは1年間を、学生が高い目標を持って、きちっと努力していくことが大事なんです。そうやって社会でも生きる力を身に付けてもらいたいのです」

 確かに帝京大には、1年生ウイング竹山晃暉ら高い素質の学生が多いけれど、高校時代は無名だった学生もいる。いろいろなレベルの学生がひとつの目標を追い続けることがいかに貴いことか。財産となるか。坂手主将の代わりに出場して奮闘したHO堀越が胸を張った。

「うちは勝利やレギュラーをあきらめた選手というのが1人もいないんです。最後まで全員がポジションを競い合う、それが一番の強みです」

 坂手主将はラスト5分、交代でピッチに立った。相手にトライされた後、インゴールで手をたたき、チームを鼓舞していた。いいキャプテンである。主将は言葉に実感を込めた。

「今年1年の積み重ねがこういう結果になって、部員全員で笑顔になれたことがよかったと思います」

 同じく帝京の強みを聞くと、坂手主将はこう言った。

「文化だと思います。7年間、その文化が伝承され、醸成されました。ラグビー文化はもちろんですけど、人間としての魅力を作っていくラグビー部の文化というのがあるから、ここまでの記録になったんです」

 いかに潤沢な環境や学校の支援も、傑出した才能も、努力の継続というチームの文化がなければ水泡に帰す。連覇はできない。帝京の帝京たる所以(ゆえん)は、基本プレーの習熟にある。フィジカル、フィットネス、スキルを鍛えながら、岩出監督たちが基本プレーをきめ細かく、丁寧に指導してきたのである。

 例えば、倒れたらすぐ立ち上がる、ボールはまず、ちゃんとキャッチする。タックルでは、ポイントにいって、低く相手に入り、両手を強く引きしめる。足をドライブする、そういったことである。

 グラウンド外でも筋力トレーニングや食事、掃除、学校の授業など、私生活もちゃんとする。さらにはチームの一体感。試合後の胴上げの時、うれし泣きにむせぶメンバー外の4年生の姿が象徴的だった。

 まだ戦いは続く。次は学生の代表として、日本選手権(1月31日)でトップリーグの覇者に挑む。はっきりいって勝機は極めて小さい。でも、岩出監督は言った。

「これから3週間、本気で準備し、本気で挑みます。成功しても、失敗しても、それがチームにとって財産となります」

 学生ラグビーにとって、チームワークとリーダーシップの育成はとても大事なことである。そのふたつを重視する帝京大ラグビー部の文化が崩れない限り、しばらく連覇は止まりそうにない。

松瀬学●文 text by Matsuse Manabu