ただの水がジュースになる?脳をだます魔法の食器

写真拡大

カキ氷のシロップは色と香料の違いだけでイチゴもメロンもレモンもブルーハワイも全て味は一緒だということが、2015年夏ころネット上をにぎわせていました。この事実を知ったとき、思わず「嘘!?」となった人は多かったはず。

わたしたちが感じている味の8割はなんと香りで決定されるようで、風邪などで鼻がまったく効かない状態だとほとんど味がわからなくなってしまうのもこのことを証明しています。さて、そんな味の性質を逆手に取った商品がクラウドファンディングで達成率700%超だということで海外で話題になっていました。

【関連:歩くと「パオーン」「シュッシュッ」って音がなる!au未来研究所お散歩シューズ『FUMM』が楽しい】

The Right Cup

The Right Cup」というこの商品、カップに口をつけたときに香りで刺激することで、ただの水でもジュースのように感じさせるという脳をだます食器なのです。

そもそも30歳という年齢で糖尿病だと診断されてしまった開発会社のCEOであるアイザック・ラビ氏が、糖質制限をされてしまった際に「ただの水を飲むのは味気ない」と思ったことから考えられたものなんだそうです。
現在フレーバーはレモンライム、オレンジ、ミックスベリー、アップル、コーラの6種類で定期的に新しい味をリリースしていく予定だとか。

味覚と嗅覚をだますことでジュースに感じさせるらしい

FDA(アメリカ食品医薬品局)にも認められたもので安全性はお墨付き。効果はだいたい半年持続するそうです。
ゲットするには寄付という形でindiegogoのサイトの特典から選ぶ方法になりますが、現在まだ残っているものだとお好きな味のカップ4種類セットで78ドル(約9190円)から。
日本からでも予約でき、2016年4月発送予定だそうです。

本来は健康のためにつくられているので、邪道とはわかっているものの飲兵衛としてはビールや焼酎、ウォッカやジンなどを入れて楽しんでみたいと思ってしまいますね。いったい、どんな味がするのかワクワクしませんか?

(文:大路実歩子)