災害時の生命維持において重要な火起こしや炊き出しなどの知識を、バーベキューを通じて学ぶことができる。災害時の食材についてのレクチャーも(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 バーベキュー場検索サイト「デジキュー」を運営するデジサーフは、防災対策に役立つ知識を親子で学べる「防災ピクニック」を23日に東京臨海広域防災公園で開催することを発表した。

 同イベントは火起こしや炊き出しなど、バーベキューを通じて災害時の生命維持に必要な知識を身につけるというもの。難しく捉えがちな防災対策を、楽しみながら学ぶことができるという点がポイントだ。

 当日はバーベキューのほか、同公園にある防災体験学習施設での防災体験、火起こしのデモンストレーション、災害時の食材や炊飯についてのレクチャーなどが行われる。

 なお、食材については通常のバーベキュー食材の予約も可能だが、レクチャー内容として「停電時の食材の消費方法」や「冷蔵庫の中の物でどんな料理が可能か」などがあるため、できるだけ自宅から食材を持参してほしいとのこと。

 日時は23日10時〜13時、会場は東京臨海広域防災公園・そなエリア東京バーベキューガーデン。参加費は大人1,500円、小学生以上750円(税抜き)で、定員は先着順で40名。申し込みは電話またはデジキューWebサイトから行える。

■関連リンク
防犯システムポータルサイト
防犯システムNAVI