悪質商法の手口やその対処法など、消費者被害の防止に役立つ情報を漫才で楽しくわかりやすく伝える。会場が銭湯なので気軽に足を運ぶことができる(画像は荒川区Webサイトより)

写真拡大 (全2枚)

 東京都荒川区は、特殊詐欺及び悪質商法の手口やその対処法など、消費者被害の防止に役立つ情報を、漫才でわかりやすく伝えるイベントを28日と29日に区内の銭湯で開催する。

 28日は15時〜15時30分に日暮里斉藤湯(荒川区東日暮里6-59‐2)にて、振り込め詐欺などのさまざまな手口や詐欺に引っかからないポイントをクイズ形式で紹介。29日は16時30分〜17時に尾久ゆーランド(荒川区東尾久5-27-5)にて、投資詐欺の手口と被害にあわないための対応策などを伝授する。

 警察庁によると、2014年の特殊詐欺事件の認知件数は13,392件、被害総額は565.5億円といずれも前年を上回り、特に被害総額は初めて500億円を超え過去最悪を更新したという。なかでも高齢者の被害は深刻で、65歳の高齢者が被害に遭った件数は10,573件と全体の79%を占める。こうしたイベントで注意を喚起することで、高齢者の特殊詐欺被害を防止することが期待される。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI