ピクサーの30年間にわたるクリエーションを紹介

写真拡大

展覧会「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が、2016年3月5日から東京都現代美術館(江東区)で開催される。会期は5月29日まで。

最新作を含む約500点を展示

05年にニューヨーク近代美術館でスタートし、世界各国で好評を博した世界巡回展が、構成を新たにして日本に上陸する。

ピクサー・アニメーション・スタジオ(以下「ピクサー」)は、映画「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「インサイド・ヘッド」、そして15年11月に全米で公開された最新作「アーロと少年」(16年3月に日本公開)と、数々の人気作品を世界に送り出してきた。今年はスタジオ設立30周年の節目でもある。

今回の展示会では、ピクサー作品の創造性を支えているアーティストやデザイナーの創作活動にスポットライトを当てる。手描きのドローイングやパステル画、デジタルペインティング、彫刻など、彼らが映画制作の過程で創り出した多種多様なアートワークの数々から、世界初公開作を含む約500点を一挙公開する。

このほかピクサーの世界観を表現する大型インスタレーションや、映画制作の裏側などを紹介する豊富な映像コンテンツも展示する。

開館時間は、10時〜18時。休館日は毎週月曜日(ただし3月21日、5月2日、5月23日は開館)。

観覧料(税込)は、一般1500円(前売1300円)、高校・大学生1000円(同900円)、小・中学生500円(同400円)、未就学児無料。

前売券は1月9日10時からファミリーマートで販売される。店内の「Famiポート」で購入すると、1枚につき「ピクサー展限定クリアファイル」(非売品)が先着1万人にプレゼントされる(一部店舗を除く)。