「風邪にしては、咳がしつこく出る」「どうして咳が止まらないのだろう?」と思ったら、マイコプラズマ肺炎の感染を疑ってみてください。

マイコプラズマ肺炎とは?

マイコプラズマ肺炎「Mycoplasma pneumoniae」という微生物が原因となって起こる肺炎です。接触感染や咳による飛まつ感染で広がっていきます。潜伏期間は大体2〜3週間。ふつうの肺炎は、高齢者に発症しやすく肺炎球菌が原因で起こります。一方、マイコプラズマ肺炎は若い人でもかかり流行性があるので、異型肺炎(非定形肺炎)と呼ばれます。大人でもかかりますが、主に子どもから成人前の青年が良くかかる病気です。流行性なので、学校に通っている子どもは、熱が下がって1〜2日たってから登校するようにしましょう。

だんだん咳が激しくなるのが特徴

マイコプラズマの咳には特徴があります。最初は乾いた咳が出ますが、徐々に咳が激しくなり痰が出るようになるのです。発熱、倦怠感、体調不良が数日続くことも。一部には吐き気やおう吐、下痢の症状が起こります。さらに中耳炎、関節痛、発疹などが見られるケースや気管支炎になるケースもあるので注意。数日で完治することもあれば、1か月程度症状が続くこともあります。このような症状が見られたら、自己判断せずにお医者さんにかかることをおすすめします。

予防方法はやはり手洗い・うがい

流行性ですが、インフルエンザのように予防接種はありません。予防のために、風邪やインフルエンザの予防と同様に手洗い・うがいをして、マスクの着用も欠かさないようにしましょう。咳の症状が重い人がいた場合は、マイコプラズマ肺炎感染を疑ってできるだけ接触は避けましょう。また、この季節は大勢の人がいる場所も避けるようにして、マスクの着用を欠かさず自衛しましょう。

咳がなかなか止まらないときにはマイコプラズマ肺炎のほかにも百日咳の可能性があります。いずれにせよ、早目の医師の診断を仰ぎましょう。


writer:松尾真佐代