宮間ら他の候補者を称えるロイド「セリアもアヤも本当に素晴らしいフットボール選手」

写真拡大

▽ヒューストン・ダッシュのアメリカ女子代表MFカーリー・ロイドが、2015年度のFIFA女子最優秀選手賞の受賞に喜びを示した。国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトがロイドのコメントを伝えている。

▽FIFAとフランス・フットボールは11日に、2015年度のFIFA女子最優秀選手賞を発表。2015年カナダ女子ワールドカップのMVPに輝き、アメリカを4大会ぶり3度目の優勝に導いたロイドが受賞した。

▽受賞式後にFIFAのインタビューに応じたロイドは、同じく最終候補者に選出された、なでしこジャパンのキャプテンを務めるMF宮間あやと元ドイツ代表MFセリア・シャシッチを称賛。その中で自分の名前が呼ばれたことに驚いたことを明かした。

「私は3人の最終候補者の中の1人と言う認識でした。セリアもアヤも本当に素晴らしいフットボール選手です。ナーバスになっても仕方がないことで、式の間はずっと胸が高鳴っていました。そして私の名前が呼ばれた時は、最高の瞬間でした」

▽またロイドは「これからも一生懸命に努力し続けなければいけない。可能な限り自分を高め、チームを助けていきたいと思っているわ。すでにリオ五輪について考えているの」とコメント。今年行われるリオ五輪に向けた意気込みを語った。