懐かしい童話イラストが複数楽しめる! Googleロゴが童話集作者の生誕388周年を記念したイラストに

写真拡大

1月9日に『Googleロゴがオオカバマダラ蝶の住む山が発見されてから41周年を祝うイラストに』でGoogleのロゴが、オオカバマダラという蝶が越冬する際に過ごす場所(オオカバマダラ生物圏保護区)が発見されてから41周年を記念するイラストになっているのをお伝えした。

本日のGoogleロゴは、フランスの詩人。詩人ということよりペロー童話集という民間伝承の童話をまとめたことでよく知られる。このシャルル・ペローの生誕388周年を記念するイラストになっている。

彼のまとめた物語として、赤ずきん、シンデレラ、長靴をはいた猫、眠れる森の美女、青ひげなど私たちも子供のころに親しんだ童話が多数ある。

今回、筆者の確認した限りでは、イラストは、長靴をはいた猫、眠れる森の美女、シンデレラの3作品が用意されているようだ(時間と共に変化する可能性アリ)。

ブラウザを開くたびにランダムでイラストが表示されるようになっている。

■Google

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

Googleロゴの記事をもっと見る
・Googleロゴがオオカバマダラ蝶の住む山が発見されてから41周年を祝うイラストに
・‘本日はクリスマス! Googleロゴもクリスマス仕様本番に!
・‘Tis the season! クリスマスシーズン突入でGoogleロゴもクリスマス仕様へ
・本日は冬至! Googleロゴも、それにちなんだアニメーションに!
・楽譜パズルを解き明かせ! Googleロゴがベートーベン生誕245周年を記念したアニメーションパズルに!