FIFA女子最優秀選手賞はロイド、宮間は選出されず

写真拡大

▽国際サッカー連盟(FIFA)とフランス・フットボールは11日、2015年度のFIFA女子最優秀選手賞にアメリカ代表MFカーリー・ロイド(ヒューストン・ダッシュ)を選出した。

▽ロイドは2015年カナダ女子ワールドカップのMVPに輝き、アメリカを4大会ぶり3度目の優勝に導いていた。

▽2011年の澤穂希以来となる日本人選手の受賞が期待されたなでしこJAPANのキャプテン、宮間あや(岡山湯郷Belle)は選出されなかった。その他、最終候補に選出されていたのは今年7月に現役を引退した元ドイツ代表MFセリア・シャシッチだった。