小さな動物ほどリスクが高い blanche/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 政府は2020年(東京オリンピック・パラリンピック)に向けて、受動喫煙規制のための新法整備に乗り出す模様だ。

 駅などの公共施設は全面禁煙とし、レストランやショッピングセンター、ホテルなど不特定多数の人が利用する施設は、分煙を義務づけ、違反者への罰則も設ける見通しだ。

 禁煙ムーブメントは国際的な潮流だが、喫煙者にとっては肩身が狭い。タバコを吸う権利ぐらいある、という主張もある。一方で、吸わない人は、タバコの煙を吸わない権利がある、と声高だ。

 受動喫煙の悪影響は、今や広く知られるところ。とくに、成人よりも体の小さな子どもへの影響は深刻だ。

 もっと体の小さな動物へのリスクも指摘されている。とくに、欧米の多くの小動物専門医から、ペットに対する副流煙の危険性について、近年多くの警告が出ている。

がんや細胞損傷、体重増加などのリスクがアップ

 昨年12月29日、英・グラスゴー大学の研究者らが、受動喫煙による犬や猫の健康被害について発表を行った。研究によると、タバコの煙にさらされている犬や猫などのペットは、がんや細胞損傷、体重増加などのリスクが高いという。

 たとえば、猫のニコチンレベルを測定すると、飼い主の喫煙本数が10本以下であっても、非喫煙家庭の猫よりも明らかに高い数値になった。また、去勢された犬の睾丸を検査したところ、喫煙家庭の方が細胞損傷の形跡が見られ、かつ、去勢後の肥満傾向も高かったという。

 以前より、アメリカの「米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター(ASPCA Animal Poison Control Center)」では、喫煙家庭で飼われている犬は、肺がんになる確率が60%以上増加する、と明言している。

 なかでも、コリーのように鼻の長い犬種は、副鼻腔が化学物質のフィルターの役目を果たすため、副鼻腔がんになりやすい。反対に、パグのように鼻の短い犬種は、副流煙が直接肺に流れ込むため、肺がんになりやすいことを、明らかにしている。

 さらに、毛づくろいの習慣がある猫の場合は、被毛についた化学物質をなめて、体内摂取することから、悪性リンパ腫が発生しやすいという。

なぜ怖い? 飼い主の喫煙習慣

 ペットが受ける副流煙の影響は、ヒトの数倍以上と考えられている。体のサイズが、成人とは決定的に違うため、ダメージの大きさは深刻だ。大型犬よりも、小型犬や猫、その他の小動物の方が悪影響は大きい。これは、人間の子どもにも、同じことがいえる。

 理由は、まだある。副流煙に含まれる有害物質は重量があり、喫煙者から吐き出された後、地面に向かって集積していくことだ。つまりペット、とくに人間よりも明らかに地面に近い位置で呼吸をしている犬は、有害物質を吸い込む確率が高まるのだ。

 臨床の獣医の多くは、普段から一般家庭のペットと接する中で、喫煙家庭のペットは、呼吸器系、循環器系、皮膚疾患、アレルギー体質などの症状の発生頻度が高いと感じている。また、副流煙にさらされる生活環境では、治療効果もかんばしくないことも実感している。

タバコそのものを口にする事故の怖さ

 タバコの被害は、受動喫煙にとどまらない。タバコそのものをペットが口にする事故は、もっとも怖い。吸うよりも食べてしまった方が、ニコチンを直接摂取することになり、体に甚大な被害をもたらす。何でも口にしてしまう子犬や、好奇心旺盛なペットなど、タバコの誤飲事故は、枚挙にいとまが無い。

 急性ニコチン中毒の主症状は、嘔吐、下痢、痙攣、流涎(よだれ)、呼吸困難、興奮などが挙げられる。摂取量や、対処次第では、死に至ることもある。処置が有効なのは、摂取後1〜2時間とされており、誤飲してしまったらすぐに動物病院へ駆け込むぐらいのスピード対応が求められる。

 2020年に向けた喫煙規制のムーブメントの中、動物愛護の観点でも、受動喫煙のリスクへの意識が高まることを期待したい。
(文=編集部)