勝利の影には“変化” tada-taka/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 今年の「箱根駅伝」で青山学院大学が総合2連覇を飾った。往路に続き、復路も1位を走り続ける完全優勝だった。それだけではない、1977(昭和52)年の日体大以来39年ぶりに全10区間で1位を並べる快挙を遂げた。

 この活躍の秘密は、2年前から導入した独自の体幹トレーニング「青トレ」だ。かつては青学大も「腹筋、背筋、腕立て」という古典的な陸上競技のトレーニングを行っていたという。だがその常識を変えて、フィジカルトレーナーの中野ジェームス修一氏を招き「青トレ」が誕生した。

 中野氏は指導するだけではなく、「能動的に考える」ことを重視。数名のグループにわけて骸骨の模型、筋肉図を前に議論させるなど、漫然と練習するのではなく、鍛える部位やその意味を理解させることで、その効果が増したという。

マスコミの持ち上げ方は、いかにも"日本的"?

 中野氏の理論は、いわゆる「体幹トレーニング」だけに留まらず、全身を効率良く動かすにはどうすればいいのか、また、いかに"動きに力を伝える"ことができるかを考えた総合的トレーニングといえる。それを陸上競技に特化したものが「青トレ」だと思う。

 彼が監修した書籍や雑誌などをいくつか拝見したが、内容的には多くの"トップトレーナー"とあまり大差はない。また、彼の提唱する「考えさせるトレーニング」「モチベーションを上げるトレーニング」も、現在では多くのトレーナーや指導者が行っている。今回のように青学大の活躍によってトレーニングに注目が集まり、マスコミが持ち上げるのは、いかにも"日本的"といえば言い過ぎだろうか。

 仮に、中野氏ではなくても、同じような有名トレーナーが現在の選手層を指導したら、それなりの成果を上げたかもしれない。では、成功するための違いはどこにあったのだろう。

どの時代も強豪チームは類似トレーニングやってきた

 たとえば、バスケットボールの秋田県立能代工業高等学校、最近では明成高等学校 (宮城県)、高校駅伝の広島県立世羅高等学校、仙台育英学園高等学校、一世を風靡した福島大学陸上部、男子バレーボールの東海大学、最近では"石川効果"で実力人気ともにナンバーワンの中央大学など、さまざまな"常勝・強豪"チームがある。

 おそらく各チームのなかには必ず、技術面をサポートするコーチ、肉体面のフィジカルコーチ、体のケアを担当するトレーナーなどの役割を果たす人間がいて、総合的なチーム作りをしているはずだ。

 そして、「青トレ」のような体幹トレーニング、自らで考えるという練習方法も昔からあった。どの時代でも強豪チームは、それに類似するトレーニングを脈々とやってきたに違いない。

チームや仲間を結び付ける "情熱"

 だが、それでも「いつかは敗れる」のが競技である。陸上のように"個の力"に重点を置く競技と、組織的な部分にもかなりウェイトを置く団体競技では、その特性の違いによってその内容は変わってくるだろうが。

 青学大にも東海大学同様に以前から充実したトレーニング設備があったし、指導者もいた。だが、同じトレーニング内容でも、ちょっとしたきっかけで変化が生じる。青山氏という「新しい風」が吹いたのだ。

 青学大の成功の元になったのは、勝つために"変化が必要だ"と感じて、中野氏を招いた原晋監督の采配だ。そして、日本の指導者のなかでは非常に丁寧に、常に選手の立場で指導することに徹する中野氏の技量によるものだと思う。

 さまざまなトレーニング方法はあるが、いずれも大切なのは、「何のため」「どこに意識をするのか」「どれが正しいのか」「何が間違っているのか」「どうありたいのか」......。チーム、仲間を結び付けるのは、これらをしっかり話ができる"情熱"だと思う。

 そんな指導者と監督、そして選手たちがそろったときに、"新しい風"という化学変化がおきて時代が変わる。たかがトレーニング、されどトレーニング、本当に奥が深い。

村上勇(むらかみ・いさむ)
フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。