勢いは衰えず ツアー7勝目を飾ったジョーダン・スピース(Photo by Tom Pennington/Getty Images)

写真拡大

<ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日◇10日◇プランテーションC at カパルア(7,411ヤード・パー73)>
 米国男子ツアーの2016年初戦となる『ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ』はトータル24アンダーで2位に5打差をつけて最終日を迎えたジョーダン・スピース(米国)がトータル30アンダーまでスコアを伸ばす圧倒的な強さを見せて逃げ切り優勝。ツアー通算7勝目を飾った。

 2日目にトップに立って以降は影も踏ませなかった。この日も2番、6番とバーディを奪って序盤からスコアを伸ばすと、後半も10番、15番、16番とバーディを奪って後続を引き離していく。最終18番もバーディで締めて大台の30アンダーに乗せて昨年度の優勝者が集まるハワイでのイベントを締めくくった。
 8打差の2位にはパトリック・リード(米国)。トータル21アンダーの3位タイにはブラント・スネデカーとブルックス・ケプか(共に米国)。トータル20アンダーの単独5位にリッキー・ファウラー(米国)が入っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>