ヨーグルトが腸内環境の改善や便秘解消、美肌にも良いのは周知の事実ですが、ヨーグルトを温めることによって生まれる効果がすごいんです。話題のホットヨーグルトについて調べてみました。

ヨーグルトの効果をおさらい

牛乳に乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルトには、便秘解消や悪玉菌の抑制、善玉菌を増やす効果があります。腸内環境が良くなることで免疫アップにも繋がり、美肌効果、ダイエットにも効果あり。アレルギーの緩和やイライラ防止の効果もある素晴らしい食材です。ヨーグルトに使われている乳酸菌によって期待できる効果も違うので、色々なヨーグルトを食べることで腸内に様々な乳酸菌を送ることができ、嬉しい効果もたくさん。

なぜ温めるとパワーアップするの?

乳酸菌は冷たい状態だと活性が鈍く、38℃〜40℃になると活発に動き出します。体内は温かいので、腸に届く頃にはある程度活性化していますが、最初から温めておくことで腸にもやさしく乳酸菌の働きもMAXに! また温めることでカルシウムの吸収率もアップするそう。もともと体の深部の体温が低い人や腸が冷えている人は、乳酸菌の働きが悪く、せっかくのヨーグルトの効果を感じられない人も多いとか。ホットヨーグルトにチェンジすることで便秘解消効果やダイエット効果が実感できたという報告も多いのはこのためです。

ホットなら夜に食べるのが効果的

ホットヨーグルトはヨーグルト100gとお水少々、はちみつを500Wで40秒レンチンするだけ。分離しやすいのでよくかき混ぜてくださいね。温めると酸味が強くなるため、はちみつやジャムを加えると食べやすくなります。夜の22時〜翌午前2時までは腸が働いて老廃物を排出してくれるゴールデンタイム。この働きをホットヨーグルトでサポートすることで効率的に老廃物を排出し、ダイエットや便秘解消の効果が得られます。

空腹時に食べると胃酸で乳酸菌が死んでしまうので、ご飯と一緒か食後のデザートにホットヨーグルトでキレイ習慣しましょう。


writer:しゃけごはん