億超え投資家[株放談]2016年のテーマとは?
アメリカの利上げを経て迎えた’16年相場。「未辛抱、申酉騒ぐ」の相場格言どおりならば、上にも下にも大荒れする可能性あり!? トータル資産7億円超の億超え投資家たちが注目テーマと銘柄を洗い出した!

◆今年のテーマは「法人税減税効果」「原油安」「含み資産」だ!

 ついに新春相場へ突入! 昨年はチャイナショック、米利上げに加え、日本郵政上場など注目材料が目白押しだったが、億超え投資家たちは’16年相場に向けていかなる戦力を練っているのか? IPO投資を得意とするサラリーマン投資家JACK氏、日本株への投資で築いた資産は2億7000万円のかぶ1000氏(以下かぶ)、日本株のほか、ベトナム株やREITなど手広く手掛けるwww9945氏(以下9945)に集まってもらった。

JACK:まずは去年のパフォーマンスから行きましょうか。私は最低ノルマの1000万円を達成できたので御の字。IPOだけで700万円弱とれました。

かぶ:私は配当と合わせて4500万円くらいですね。チャイナショックはありましたが、下値も限定的だったので順調でした。ただ、信用取引をやっている人はツラかったですよね、9945さん。

9945:チャイナショック、まともに喰らいました……。去年のパフォーマンス、10年ぶりに日経平均を下回って利益は1000万円弱にとどまりました。

JACK:あのとき、バリュー投資家は「安く買うチャンス! もっと下がれ!」と願っていたと思うんですが、信用取引を行っていた人は気が気でなかったでしょう。

9945:日本株を現物で1億7000万円、信用で1億2000万円、合計3億円近いポジションを持っているので、日経が5%動けば資産は1000万円以上ブレる。資産が増えたのは嬉しい半面、値動きが気になり落ち着かない。

かぶ:8月下旬以降は先物主導で相場のブレが大きくなりましたよね。外国人投資家の動き方次第で日経平均が大きく動く。

9945:深夜、トイレに起きてもつい日経先物を見ちゃう。そこで600円ほど落ちていようものなら、もう寝れないですよ。2億5000万円あたりまで資産が増えたので40代独身男性が暮らすにはもう十分。1月末には信用口座を閉じようかと思っています。

かぶ:信用取引は私も使っていますが、タカタを1万株買っているだけです。逆日歩(通常の信用取引では買い方が金利を支払い、売り方が金利を受け取るが、売り物が多すぎて金利が逆転すること)がついているので信用口座で買っていますが、逆日歩がなくなれば現受けするつもり。タカタはエアバッグ問題で800円台まで売られましたが、EV(企業価値)/EBITDA(利払い前税引前償却前利益)倍率が1・1倍と相当割安な水準。増資はあっても潰れることはないと踏んで、2年をめどに倍の1600円程度まで戻ると期待しています。もし会社が潰れたら僕の負け(笑)。

◆JR九州や自動運転のZMPのIPOに期待

JACK:今年は地合いが悪そうな気がします。アベノミクスの材料も出尽くしでしょうから1万5000円台は覚悟しています。去年までに利食ってしまったバリュー株や高配当株を拾い直していく1年になるのかなというイメージ。

9945:私は逆。来年の消費税10%への引き上げを控えて安倍政権もそれまではなりふり構わず相場を支えるでしょうから2万3000円を目指す。期待込みのシナリオです(笑)。郵政3社のIPOのようなインパクトのあるイベントがあればいいんですけどね。

JACK:IPO関連で言えば今年の注目はJR九州、自動運転のZMP、それに郵政3社の第二次放出でしょう。去年のIPOはどれも好調でしたから期待したい。

かぶ:今年の見通し、私はJACKさんと9945さんの中間ですね。上下に大きくブレながらも基本的にはボックス相場。上がる銘柄・下がる銘柄の選別が進む1年になるかなと。政策では法人税減税が株価に直結しそう。法人税が減税されれば業績が横ばいでも純利益が増えます。税制優遇制度を上手に活用している商社や大手メーカーは避けて、税引き前利益と純利益に開きのある節税の下手な銘柄を狙っていこうと考えてます。