郷田真隆王将と羽生善治名人の王将戦 異例のスローペースに

ざっくり言うと

  • 10日、郷田真隆王将に羽生善治名人が挑む第65期王将戦7番勝負が開幕
  • 両者が長考を連発し、40手目が封じ手という、異例のスローペースになった
  • 「羽生さんの終盤についていける数少ない棋士です」と中村修九段は語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング