■リオ五輪を目指す日の丸戦士(6)

 五輪代表のFW久保裕也には、忘れられない記憶がある。

 2012年11月、久保はU−19日本代表のエースとして、U−20W杯アジア最終予選となるAFC U−19選手権(UAE)に出場。しかし、出場全4試合を無得点に終わり、チームも準々決勝(1−2イラク)で敗退し、世界大会の出場権(上位4カ国)を逃した。

「あの悔しさは、今も忘れていないです。U−20W杯には行けると思っていたし、自分が(チームを世界へ)連れていく覚悟でいたけど、結果として何もできなかった。アジアは甘くないと思い知らされた。だからこそ、今回のリオ五輪アジア最終予選(AFC U−23選手権。1月12日〜30日/カタール)では、アジアのどこの国にも絶対に負けたくないんです」

 久保にとってこの敗戦は、自分自身を見つめ直す、いいきっかけになった。

 久保は、京都サンガF.C.ユースに所属し、高校2年生(2010年)の段階で早くもトップ登録された。その後、一旦ユースに戻ったものの、高校3年生になって再びトップ登録されると、2011年のJ2リーグ開幕2戦目(第8節/4月24日vsファジアーノ岡山※)で初スタメン初ゴールをマーク。17歳ながら、シーズン30試合に出場し、トータル10得点を記録した。
※東日本大震災の影響で序盤戦の日程は大幅に変更。

 その翌年には日本代表にも招集され、一躍脚光を浴びた。若くして、プロサッカー選手としての"エリート街道"をまい進し、アジアでもやれる自信があった。だが、実際には何もできなかった。久保は、まさしく井の中の蛙だったのだ。

「(AFC U−19選手権では)自分のプレーができなかった。ゴールも取れなかったことで、自分は『このままじゃいけない』『もっと成長しないといけない』と思った。それで、海外(のクラブ)に行こうと決めたんです」

 U−20W杯出場を逃した半年後、久保は現在所属しているスイスのBSCヤングボーイズに完全移籍した。海外で技術、メンタルを磨き、今度こそアジア予選を突破し「世界大会(リオ五輪)に出る」と心に誓った。

 そうして、最初に成長の証(あかし)を見せたのが、2015年3月に行なわれたリオ五輪アジア1次予選(AFC U−23選手権予選/マレーシア)だった。そこで、初めてU−22日本代表に招集され、ほぼぶっつけで本番に挑みながら、最終戦のマレーシア戦(1−0)では値千金の決勝ゴールを決めた。久保自身は決して満足していなかったものの、日本の最終予選進出に貢献した。

「(1次予選のときは)点が取れたのはよかったけど、暑さで思うようなプレーができなかった。ぜんぜんダメでしたね。スイスに戻ってから『あいつが必要だ』って思われるような活躍をして、『また代表に戻ってきたい』と改めて思いました」

 その1次予選から9カ月後、久保は最終予選に挑むU−23日本代表に招集され、チームの沖縄合宿に合流した。その直前、久保は少しばかり不安を口にした。

「1次予選のあと、チームから離れていたじゃないですか。それでときどき、リキ(MF原川力/京都)とかにLINEを入れて、結果じゃなくて、チーム状態とか、選手の様子とか『どうなん?』って聞いていたんですよ。でも、何も返事が返ってこなくて......。だから、まずはチームが今どういう状況なのか、しっかり確認しないといけないし、その中で自分がプレーしやすい環境を作っていかなければいけないと思っています。U−19の最終予選のときは、自分がチームにうまくハマっていなかったし、結果も出なかったですからね。今回はそんなことがあってはいけないので、みんなと積極的にコミュニケーションをとっていきたい」

 久保は、もともと極度の人見知りで、周囲とコミュニケーションをとるのが苦手なタイプ。プレー中でさえ、自らの要求を周囲に叫んだり、味方を鼓舞したりということもなかった。そんな彼の口から「積極的にコミュニケーションをとる」という言葉が発せられた。そこに、海外での成長を改めて感じるとともに、最終予選にかける久保の本気度が伝わってきた。

「スイスに行って、クラブの監督に『コミュニケーションをとれ!』とずっと言われてきた。それで、(人見知りも)徐々に治ってきたのかな、と思います。海外だと、こちらから話をしないと、本当に独りぼっちになってしまうんですよ(笑)。やっぱり、チームメイトとコミュニケーションをとって仲良くしていけば、パスも出てくるようになるし、ミスをしたとしても『どんまい』ってポジティブな言葉をかけてくれる。それで、自分がすごくプレーしやすくなったんです」

 現に沖縄合宿では、久保は積極的に周囲とコミュニケーションをとっていた。自分のプレーを理解し、その動きをわかってもらおうと、ピッチ上で声を出して味方に要求していた。そうして日を重ねるごとに、チームメイトとの意思の疎通が深まっていった。

「すべては、最終予選で勝つためです。前線の選手に求められるのは、得点とゴールに絡むプレー。自分が決めるか、あるいは得点につながるパスを出すか。とにかく、勝利につながるプレーをしたい。そのためには、(自分と周囲の選手が)お互いに何を考えていて、何を望んでいるのか、しっかり理解しないといけないですから」

 スイスでは、欧州リーグやチャンピオンズリーグの予備予選も戦ってきた。舞台は違っても、負けられない一発勝負の難しさ、厳しさは、すでに何度も経験している。アジアで戦う難しさも、U−19代表時代に嫌というほど思い知らされた。それらの経験は、間違いなく今回生かされるはずだ。

「イランやイラクは、欧州の国みたいな感じでフィジカルが強い。韓国は、日本とやるときは、いつも以上に激しく挑んでくる。アジアの各国は、日本と対戦するときは、全力でギアを上げてくるんで、それ以上の力を発揮していかないと勝てない。そのハードルが結構高いので、どれだけチームがまとまって戦えるかが、日本にとっては重要になる。あと大事なのは、初戦の北朝鮮戦。そこで勝てば、一気にいける感じがします」

 2015年12月の中東遠征(0−0イエメン、0−0ウズベキスタン)では、ゴール欠乏症に泣かされた。その分、欧州で結果を出している久保にかかる期待は大きい。

 最後に、久保に聞いた。

―― 最終予選、日本が五輪切符を手にするためのキーポイントは何だろうか。

「個の力だと思います。代表のような"即席チーム"になると、コンビネーションで崩して点をとるのはなかなか難しい。最後は、個で打開して、点を取らないといけない。それを可能にするために、自分はスイスでプレーしてきたし、厳しいポジション争いの中で戦ってきた。U−19のときの借りをしっかり返して、アジアで優勝して五輪の切符を勝ち取りたい。今は、そのことで頭がいっぱいです」

 ヤングボーイズでは、前半戦17試合に出場して4得点と、まずまずの結果を残した。しかし、スイスに行って3年間で培ってきたものは、単なる数字だけにはとどまらない。今回の最終予選では、そのことを証明してくれるはずだ。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun