「アヤ(宮間)は責任感が強い子。ひとりでいろんなものを背負わなければいいなというのと、そしてリオでも大活躍してほしいなという期待もしています」――澤穂希――

 澤と宮間あやは、リーグでは一度もチームメイトとしてピッチに立ったことがない。澤の背中を追い続け、ようやく日テレ・ベレーザの下部組織から宮間がトップに上がった年には、澤は世界最高峰とされていたアメリカへ移籍を果たしていた。ふたりがチームメイトになったのは2003年。代表に招集されるまで、宮間は澤と共にプレーすることは叶わなかった。代表レベルの実力がなければ澤とプレーする資格がないと、宮間は自分自身を奮い立たせてきた。

「澤さんと一緒にプレーできることは当たり前のことじゃない。もっと自分たちで考えてプレーしないとダメ」。かつて、23歳の若き宮間がこう苛立ちを口にしたことがあった。月日が経った現在でもその気持ちにブレはない。

 2011年ドイツワールドカップ後、澤が完治のメドが立たない「めまい症」に苦しめられたとき、「ホマ(澤)ひとりに背負わせ過ぎた......」と、宮間は自分を責めた。澤からキャプテンマークを受け継いだ宮間は、より一層自分に厳しくなった。そんな宮間を澤は気遣った。

 2015年カナダワールドカップでは、ベンチを温めることが増えた澤だったが、ピッチ外では宮間が円滑に動けるように気を配り続けた。これまで宮間がやっていた若手選手へのフォローも買って出た。

「アヤのために私ができることは全部やる」

 大会中、澤はこの言葉を何度も口にした。宮間はその言葉に感謝しながらも、それ以上に悔しさも沸き上がった。このままでは終われない。これで終わる澤ではないと信じていた。澤の力を証明したかったのだろう。

「FKはすべてホマに合わせるつもりで蹴る」。練習でも宮間は澤の得意とするニアサイドへのキックを何度も調整しながら繰り返した。すべては澤をもう一度ピッチで輝かせるため。宮間のサッカー人生には常に澤が存在していた。他の選手と違うのは、その時間に限りがあることを宮間は最初から心に留めていたこと。だからこそ澤とプレーできる代表は特別な場所であり、その一瞬一瞬を無駄にできるはずもなかったのだ。

 澤は引退を決めた際、その決意をごく身近な人間にしか明かしていなかった。宮間は澤本人から伝えられた数少ない人物だ。

「(引退を決めたことに)何も言うことはない。ありがとう。一緒の時代にサッカーができたことをうれしく思う」――いつかくることと覚悟をしていたとはいえ、宮間が感じた喪失感は計り知れない。それもわかった上で、澤はリオデジャネイロオリンピックへ向けて"なでしこジャパン"にエールを送った。

「結果がすべて。私が獲れなかった金メダルをリオで獲って」

 簡単なことではない。けれど澤と所属チームを別にしながらも、常に真正面から澤を感じ続けてきた宮間にしかできないことがある。それが"澤穂希"がなでしこで戦ってきたという、もうひとつの確かな証(あかし)になるのではないだろうか。
(つづく)

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko