▽東京Vは9日、横浜FMからGK鈴木椋大(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日より2017年1月31日までとなる。

▽愛知県出身の鈴木は、横浜FMユースから2012年にトップチーム昇格。2015シーズンのナビスコカップ第7節山形戦で横浜FMデビューを飾った。同選手は、両クラブを通じてコメントしている。

◆東京V

「この度、東京ヴェルディに加入させていただくことになりましたゴールキーパーの鈴木椋大です。東京ヴェルディという、伝統あるクラブの一員になれることを嬉しく思います。少しでも早く、ファン、サポーターの皆さん、チームの皆さんに認めてもらえるよう、努力したいと思います。そして、少しでもヴェルディのJ1昇格の力になれるように頑張ります!よろしくお願いします!」

◆横浜FM

「この度、東京ヴェルディに期限付き移籍する事になりました。F・マリノスで試合に出る事を目標にした時に、一度、環境を変える事で自分自身の成長につなげたいと思い決断をしました。ゴールキーパーという、ひとつしかないポジションを勝ち取るために、サッカー選手としてはもちろん、人としても成長するための前向きな決断です。また、F・マリノスに戻って、試合に出場出来るよう、頑張ってきます!!もし、天皇杯で対戦する時があれば、その時は勝ちにいきます!!移籍しても、応援して頂けたら嬉しいです!」

▽また、東京Vは同日、韓国人DFコ・ギョンジュン(28)の退団を発表。2105年に香港の南華足球隊から加入した同選手は、リーグ戦6試合の出場にとどまっていた。