やっぱり「顔」が大事

写真拡大

カナダ、トロント大学心理学部のニコラス・ルール准教授らの研究チームは、平均的な身長の男女の顔を他人が見て「痩せた」と判断するのは約4キロ減量すればよいが、「魅力的になった」と判断されるにはさらに2倍の減量が必要であるとする研究結果を、社会心理分野の学術誌「Social Psychological and Personality Science」2016年1月号(vol. 7 no. 1 69-76)で発表した。

研究では、アクセサリー類や化粧をせず、髪の毛を後ろにまとめ、表情を作っていない20〜40歳の白人種男女の顔写真を撮影。さらに、写真加工をおこない、BMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)が「30(米基準で肥満)」から「18.5(米基準で低体重)」までの状態を想定した顔写真も用意した。

これらの写真からランダムに2枚の写真を選び、約100人の被験者に見せ、「どちらが太って見えるか」と質問し、「太っている」とされた写真が元の写真からどの程度加工されているかを分析。他人が顔を見たときに、痩せたと気づくのに必要な体重減少量を算出した。

その結果、わずかな減量でもさまざまな顔の変化は指摘されていたが、「痩せた」と思われるためには、男性の場合4キロ、女性の場合3.5キロの減量が必要であることがわかった。

また逆に、わずかな顔の脂肪量の増加でも、多くの被験者が「不健康そうに見える」と判断していたという。

ルール准教授は、顔の脂肪量増加に比例して、免疫不全や心血管疾患、死亡リスクも上昇することを示唆する研究が複数あり、美容目的だけでなく、健康のためにも減量が重要であると指摘。「減量の動機を『健康のため』に求めるのは難しいが、『より魅力的に思われるため』であれば、意欲的に取り組めるのではないか」とコメントしている。

参考文献
The Relationship Between Just Noticeable Differences in Perceptions of Facial Adiposity and Facial Attractiveness.
DOI: 10.1177/1948550615599829

(Aging Style)