ドイツの集団性犯罪事件 捜査対象の大半が難民保護申請者や不法滞在者

ざっくり言うと

  • 15年の大晦日、ドイツ西部のケルンで性的暴行や強盗が多発していた事件
  • 警察当局は9日、捜査対象の大半が難民保護申請者や不法滞在者だと発表した
  • メルケル首相は同日、与党の会議で「断固とした対応が必要」と発言した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング