iCloudをタップする

写真拡大 (全4枚)

iPhoneから消去した写真を復元する方法,やり方/アイフォン

 

美味しそうな食事や物珍しいモノを発見したとき、つい嬉しくてパシャリとiPhone(アイフォン)で写真を撮ってしまいたくなることってありますよね。

iPhone(アイフォン)のカメラ機能を使えば日常の些細な思い出から、ビジネスで役立ちそうなメモなどをすぐに撮影、保管することができるのでとても役立ちます。

撮影した画像を回転、編集】などすると、より写真を見やすくすることができるので、ハマッてしまうとなかなか止められなくなってしまいますね。

そんな夢中になるとつい撮り溜めてしまうiPhone(アイフォン)のカメラ機能ですが、いくら楽しいからといって撮りすぎると要らない画像が大量に溜まってしまうので、時々削除することもあるでしょう。

それがどうでも良い写真ならも問題ないのですが、間違えて仕事で使う画像などを削除してしまった、なんてことになったら目もあてられません。

そこで今回は削除してしまった写真を復元するためのやり方を紹介します。

 

■iPhone(アイフォン)から消去した写真を復元する方法

たとえiPhone(アイフォン)から間違えて写真を削除したとしても、バックアップがあればいつでも復元することができます。

iPhone(アイフォン)で写真を撮影すると、フォトストリームにデータを残すことができるようになります。そのためにはまず【設定】をタップします。

次に【iCloud】をタップします。

写真】をタップします。

マイフォトストリーム】をタップし、設定をオンの状態に変更します。

この設定が有効になっている限り、撮影した写真はiCloudのフォトストリームに自動的に保管されるようになります。つまり、たとえiPhone(アイフォン)より写真を削除してしまったとしても、バックアップの写真はまだiCloud上に残っているので、そこからデータを復元することができるということです。

ただし、フォトストリームのフォルダに保管できる期間は30日まで、上限数は1000枚までと制限されていますので、大事な写真はできるだけ早めに復元しておきましょう。