土嶺論文は「河童のヘソ」shutterstock.com

写真拡大

 昨年、"血液型と性格にはやはり相関性がある"とネットで大きな話題となった、弘前大精神科・土嶺章子(特別研究員)らによる「PLOS one」掲載論文「健常日本人におけるABO血液型と人格特性【注1】」の内容を検討したい。

 米NIHの論文検索エンジン「PubMed」によると、彼女は2007年以来44本の英文原著論文を雑誌に発表している。うち筆頭著者になっているものが12本あり、数の上では素晴らしい業績だといえる。

 非常に専門的な内容なので、ここではまず彼女の研究の流れを概説する。2008〜13年にかけては脳内でニューロン間の刺激伝達に関係する物質として、カテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン)やインドールアミン(セロトニンなど)の血液中(?)濃度レベルが気質・気性に与える影響を研究していた。ところがこれをニューロンにあるアミン受容体の遺伝子変異にまで踏み込んで調べても「ネガティブ・データ」しか得られなかった。

 科学の世界では「ダメだった」という論文は基本的に評価されない。「ダメだ」とか「ない」ということは、原理的に証明できないからだ。こうした「陰性報告」が掲載されるのは二流学術誌か経費のかからない電子雑誌だけだ。

 ところが彼女は2014年から突然分野変えをして、ホルモンや血液型(ABO式)といった精神科とはまるで関係のない分野の研究を始めた。普通、分野変えをしたら、最低でもその分野の基礎的文献を読み、新技術を習得する必要があるので、他の研究室に席を置くか、あるいは留学などをするものだが、彼女にはその形跡がない。

 「PLOS one」は電子雑誌であり、紙雑誌と異なり投稿から掲載までの時間が短いこと、査読者が1名なので審査が厳しくないという特徴がある。問題の論文が不審なのは、投稿日が2014年9月29日なのに、受理されたのが2015年4月9日、電子版で掲載されたのが5月15日と、7カ月以上かかっていることだ。「ネイチャー」「ランセット」「ニューイングランド医学雑誌」のような紙の週刊誌でも、問題のない論文ならこれほど時間を要することはない。

ABO式血液型と神経伝達物質の濃度を決める両遺伝子が関連?

 次に問題の土嶺論文そのものについて検討する。

 この論文の要点は、「医学的仮説」「生命科学仮説」という仮説専門誌に2011年にホブグッド(Donna Hobgood)という米テネシー州テネシー医科大学の女性研究者が提唱した「仮説【注2】」を検証したものだ。その仮説とはどういうものか。
 
 まず一般論として、性格や気質が存在すること、これらが脳の神経細胞(ニューロン)のネットワークの働き方の様式(パターン)の違いにより生じること、この活動が外部刺激や血中のホルモン、脳内の神経伝達物質の影響を受けることについては、今日の医学・生理学・認知科学において広く承認されている。
 
 ホブグッドの仮説は「ABO式血液型の遺伝子のごく近くにカテコールアミンの代謝にかかわる酵素遺伝子があり、2つがリンクして遺伝されるために、性格と結びつくのではないか」と主張したものだ。

 この仮説は1988年、ルイジアナ州立医大・生化学遺伝学教室のウィルソンらが発表した、「第9染色体長腕(9q)にあるABO式血液型遺伝子と脳の『ドーパミン-β-水酸化酵素(DBH)』の濃度をコントロールする遺伝子が"リンク"していることを示唆する証拠を認めた」という論文【注3】を根拠としている。"リンク"というのは染色体上で2つの遺伝子が隣接していて、遺伝する際に「一緒に行動する」という意味だ。

 染色体にはちょうどバーコードのような縞模様があり、これには郵便番号のように番号が付けられアドレスを区別している。第9染色体長腕(9q)には9つの縞があり、11から34まで番号が振られている。ABO式の遺伝子が長腕の端末9q34位置にあることは間違いない。

すでに否定されていた論文の前提となる仮説

 1988年にはまだヒトゲノムが解明されておらず、約2万7000個あるヒト遺伝子の詳しい位置は不明だった。ウィルソン論文(1988)は、分子生物学的な手法を用いて9q34番地にDBH遺伝子があることを直接証明したものではなく、白人4家系と黒人1家系を調べ、ABO式の血液型と血中ドーパミンの濃度が遺伝的にリンクしている可能性があると主張したにすぎない。

 DBH遺伝子が9q34にあることの分子生物学的な証明は、1991 年にヴァンダービルト大内科のペリーらによってなされた【注4】。9q34には「アルギノ・コハク酸合成酵素(ASAS)」遺伝子があることも分かった。血液型遺伝子との「リンク係数」を見ると、DBHは4.5であるのに対して、ASASは7.37であり、より高いリンクを示した。しかしASASは血液型物質の合成とも脳内アミンの合成とも関係がない。2つの遺伝子が空間的に隣接して存在するということと、それらが協調して働くということは別の問題である。

 現在では血中のカテコールアミン濃度を規定するDBHの遺伝子は9q34だけでなく、20番染色体の短腕20p12にもあり、いずれも分子多型に富み、遺伝子DNAの「転写」レベルで働き方が異なることが明らかにされている。
 
 つまりペリー論文(1991)はウィルソン論文(1988)の結果を否定したのだ。従って、そもそもホブグッド仮説(2011)が成り立たないのだ、ということがわかる。

解明された全霊長類の血液型の進化過程

 ABO式血液型の遺伝子とその突然変異やA/B型から、現在のヒトのA、B、AB、Oという4つの表現型が進化してきた道筋については、カリフォルニアの「ラ・ホヤがん研究センター」バーナム研究所のヤマモトらが、詳しい研究を永年続け、バクテリアにも認められるA、B、0遺伝子がどのように進化したのか、全霊長類におけるABO式の種特異的な進化などを解明している【注5】。
 
 2012年「米学士院紀要(ProNas)」に発表された米国、フランス、イスラエルの遺伝学者による共同研究論文には、ABO式血液型遺伝子が進化した系統樹が示してある【注6】。それによると4000万年以上前の原始的な霊長類はすべてA型であり、その後3000万年前にB型の突然変異が生じ、旧世界ザルかから新世界ザルが分かれた後に、それぞれ独立してB型あるいはA型遺伝子の欠損が起こり、A型のみもしくはB型のみという表現型が生まれた。両方の遺伝子を失ったのがO型だ。ちなみに類人猿のゴリラはB型のみ、ボノボはA型、ナミチンパンジーにはA型とO型がある。オランウータンにはヒトと同じく、ABOの3型がある。

論文の客観的な評価に欠かせない二つの指標

 論文の客観的な評価には2つの指標がある。第一は代表的な権威ある雑誌に紙媒体として載ったかどうかだ。雑誌そのものの評価には「インパクト・ファクター(IF)」といい、その雑誌が他の専門誌に何回引用されているかという指標がある。2014年の「ネイチャー」のIFは41.45、「ランセット」は45.22、NEJMは55.87、ProNasは9.67、PLOS oneは3.53だ。この数値はたとえればテレビの視聴率のようなものだ。
 
 もう一つは「サイテーション・インデックス(CI)」といい、論文そのものが他の研究者によって何回引用されたかを示す。重要な論文ほど引用される回数が多くなる。

 土嶺の代表的論文である「ドーパミンD2受容体の多形性と健常日本人の個性との関連」という英語論文10)について、IFとCIを調べてみた。この雑誌の2012年のIFは3.55で、大して読まれていない。論文のCIは2015年までにたった2回で、一つは東北大学の日本人研究者たちによる論文。もうひとつは引用論文が200本近くあるフロリダ大学のK.ブラムらによる総説論文で、土嶺論文が引用してあるが、多数羅列した中のひとつに過ぎず内容への評価はない。
 
 ホブグッドは同じ医科大学で相変わらず「仮説論文」を発表しているが、他に相手にする研究者はいないようだ。2011年以来、彼女が発表した論文はたった3篇で、すべて「仮説論文」であり共著者がいない。これで彼女の研究環境がわかるだろう。その「仮説論文」のCIは1。つまりこの論文を引用ないし「本気にした」論文は「PubMed」を調べた限り世界で1本だけ。それがこの土嶺論文である。
 
 科学研究を進めるにはよい仮説が必要だ。「よい仮説」とは、その仮説を否定するためにはどのような実験が必要かを明示したものをいう。さもないと「仮説」と称するデマやトンデモがはびこり、科学界に害毒を流す。ホブグッド論文はそういう例のひとつだ。

 以上見てきたように、土嶺特別研究員の過去の研究は、すべて欧米の論文を見て、それを「健常日本人」に適応した「本邦初演」型の研究だ。これを医学界では「カッパのへそ」と呼ぶ。カッパのへそは、まだ誰も見たことがない。だから珍しい。

 「幽霊の正体見たり枯れ尾花」、これも「研究者の思い込み」が作り出した幻にすぎない。次回は「血液型・気質相関論」がなぜ蔓延るにいたったかを見ていく。

【参考文献】
【注1】Tsuchimine S. et al.(2015):ABO blood type and personality traits in healthy Japanese subjects. PLOS one. 5/15/2015(e-pub)
【注2】Hobgood D.K.(2011):Personality traits of aggression-submissiveness and perfectionism associate with ABO blood groups through with catecholamine activities. Medical Hypotheses. 77(2):294-300
【注3】Wilson A.F. et al. (1988):Linkage of a gene regulating dopamine-beta-hydroxylase activity and the ABO blood group locus. Am. J. Gent.42(1):160-166
【注4】 Perry S.E. et al.(1991):Linkage analysis of the human dopamine beta-hydroxylase gene. Genomics, 10(2):493-495
【注5】Yamamoto M. (2000): Molecular genetics of ABO. Vox Sang.78(Suppl.2):91-103
【注6】Segurel L. et al.(2012): The ABO blood group is a trans-species polymorphism in primates. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 109(45):18493-18498


難波紘二(なんば・こうじ)
広島大学名誉教授。1941年広島市生まれ。広島大学医学部大学院博士課程修了。呉共済病院で臨床病理科初代科長として勤務。NIH国際奨学生に選ばれ米国NIHCancerCenterの病理部に2年間留学し、血液病理学を研鑽。広島大学総合科学部教授となり、倫理学、生命倫理学へも研究の幅を広げ、現在、広島大学名誉教授。自宅に「鹿鳴荘病理研究所」を設立。2006年に起こった病気腎移植問題では、容認派として発言し注目される。
著書に『歴史のなかの性―性倫理の歴史(改訂版)』(渓水社、1994)、『生と死のおきて 生命倫理の基本問題を考える』(渓水社、2001)、『覚悟としての死生学』(文春新書、2004)、『誰がアレクサンドロスを殺したのか?』(岩波書店、2007)などがある。広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト編『大学新入生に薦める101冊の本』(岩波書店、2005)では、編集代表を務めた。