底冷えの冬はオシッコが近くなる……/shutterstock

写真拡大

 ぶるぶる、ぞくぞく、じんじん。冬の底冷えは堪える。朝晩は、オシッコ(尿)が近くなる。オシッコをしたくなるのはなぜ? その仕組みをざっとおさらいしよう。

 尿は、血液中の有害物質や新陳代謝で発生した老廃物質などを体外へ捨てるために、腎臓が濾過・産出する液体排泄物。尿管を経て膀胱にたまり、尿道口から排出される。濾過・産出量は1時間当たり60〜120mℓ、1日約1.5ℓ。膀胱の容量は、成人で平均500mℓ。日本人の80年間の排尿量はおよそ35tだ。

 膀胱に150〜200mℓの尿がたまると、粘膜(移行上皮)で覆われている膀胱壁が刺激を受ける。その結果、脊髄から排尿中枢を伝って大脳に信号が送られて尿意を催す。尿意を感じても、膀胱が膨らむので、大脳は尿意をコントロールできる。だが、尿量が300〜500mℓを超えるとがまんできなくなるため、膀胱反射中枢の命令によって膀胱がしぼみ、尿道が緩んで尿が出る。

 尿は約98%が水。タンパク質の代謝で生じた尿素約2%のほか、微量の塩素、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン酸をはじめ、クレアチニン、尿酸、アンモニア、ホルモンなどを含む。色は黄色(ウロビリン)。水分が不足すれば褐色やオレンジ色、短時間に大量に水を摂れば無色。腎臓が健康なら排泄までは無菌だが、排泄後は時間が経つと尿素が分解されてアンモニア臭を発生する。健康な尿はph5.86の弱酸性だ。

 なぜオシッコと言うのか? 「お」は接頭語、「し」は小便を意味する女性語「しし」または擬音語「しーしー」、「っこ」は行為を表わす接尾語「こ」。「かけっこ」や「にらめっこ」の類だ。「常用字解」によると、「尿」は立って小便をしている人を横から見た形とか。古くは、ゆばり、ゆまり(湯放)、いばりとも。「いばりせしふとんほしたり須磨の里」。寝しょんべんした蕪村の照れ笑い? 「あんた、小水(ょうすい)したの!」と叱りつけられたのかも?

 「月に向かってオシッコ」は、野心がデカイだけで、一人前になれないアカンタレを嗤ったもの。そんな輩にかぎって、「蛙のつらに小便」などと開き直り、シャーシャーとしている。何とも子憎たらしい。そんな厚顔・偏屈ものだから、馬の小便(薄い生ぬるいお茶)でも飲ませてやりたいところ。ところで、「ミミズにオシッコをかけるとオチンチンが腫れる」のは、ホントなのか迷信なのか? そんな妄想にあれこれと耽っていると、またトイレが近くなるから、オシッコ(尿)と病気の話に入ろう。

夜中に3回以上トイレに起きる夜間頻尿は寿命を左右する!?

 就寝中に何回トイレに行くのだろうか? 40歳以上の男女約4500万人は、夜間1回以上。3回以上トイレに起きる夜間頻尿は、60〜70代では男性の30%、女性の15%だ。

 夜間頻尿は、夜間の尿量が多くなる夜間多尿、少量しか膀胱に溜められなくなる膀胱容量の減少、眠れない睡眠障害などが原因で起きる。

 夜間多尿は、水分の摂り過ぎのほか、糖尿病、高血圧、うっ血性心不全、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群などが誘因になることが多い。

 膀胱容量の減少は、過活動膀胱、前立腺炎、膀胱炎などで膀胱が過敏になるために起きる。過活動膀胱は、パーキンソン病などで膀胱のコントロールが効かなくなり、少量の尿が溜まると膀胱が勝手に収縮する病気だ。脳卒中や前立腺肥大症の排尿障害によって、膀胱が過敏になっても発症する。膀胱の老化現象が多いが、原因が不明の場合も少なくないので、年齢性別を問わず要注意だ。

 睡眠障害は、眠りが浅くすぐ目が覚めてしまうために、目が覚めるごとに気になってトイレに行く症状だ。

 20〜30代でも必ず夜中にトイレに行く人は、眠っている間に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS/スリープ・アプニア・シンドローム)の可能性がある。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中の無呼吸(10秒以上の呼吸の停止)による酸欠状態が1時間に5回以上発生し、昼間の眠気など様々な症状を伴う病気だ。

 また、夜中のオシッコは、日中よりも尿量が少ないのが普通だが、糖尿病、心臓病、腎臓病などのリスクファクターが高まると、尿量が増えるために、夜間頻尿になりやすい。

 順天堂大学の堀江重郎教授によれば、北欧の高齢者グループを4年間追跡調査したところ、夜間頻尿の人は、そうでない人よりも約2倍も死亡率が高かったという。夜中にトイレに行く回数が少ないほうが長生きしやすい、つまり、夜間頻尿は寿命に関連する事実を示すひとつのデータだ。

 オシッコと病気の因果関係は、実に多様だ。夜間頻尿だけでなく、自分の意思とは関係なく漏らす尿失禁のほか、尿道が緩くなる尿道括約筋不全、前立腺が大きくなって尿道を圧迫する前立腺肥大症など、さまざまな排尿機能障害がある。オシッコは、動脈硬化、糖尿病、高血圧、うつ病、ストレスなどとの関連が深いことが分かっている。

 「転ばぬ先の杖」と言う。夜間頻尿や尿失禁は、重大な病気のサインかもしれない。オシッコの状態が少しでも気になるなら、泌尿器科を必ず受診してほしい。
(文=編集部)

【参考文献】毎日新聞・医療プレミア「Dr.堀江重郎の健康羅針盤/オシッコの回数と寿命の関係」2015年11月2日