Doctors Me(ドクターズミー)- 加齢による膣の潤いの低下...あなたのデリケートゾーン臭ってるかも!?

写真拡大

30代以降の女性の中には、以前はそれほど気にならなかったのに、最近デリケートゾーンの臭いがきついような気がする…という方はいらっしゃいませんか?
今回は、この気になるデリケートゾーンの臭い、特に加齢とともに強くなってくるように感じられる臭いについて、医師に解説していただきました。

デリケートゾーンって普通どんな臭いがする…?

まず、初めに女性のデリケートゾーンは、どんな臭いがするのが正常か、ということについて言っておくのがよいでしょう。
近年の清潔志向によるものか、正常な女性のデリケートゾーンは無臭、あるいは限りなく無臭に近い、と考えておられる方を見かけますが、実はそうではなく、軽く酸っぱいような臭いがするのが普通です。
この時点で、胸をなでおろした方々は、おそらく少し気にしすぎの傾向があったのかもしれません。

ただそれ以外の、
・強い臭い
・腐敗臭のような臭い
・以前とは明らかに異なる臭い
がする場合は注意が必要です。

ショック!きついにおいの原因が加齢!?

年齢を重ねることで、デリケートゾーンが臭うようになったと感じられるのは「加齢による膣の乾燥」が考えられます。
女性ホルモンの変化により、膣の自浄作用が、腟の潤いの低下によって少なくなってしまうものです。

ただ他にも色々な原因が考えられます。

■体質的なもの
いわゆるワキガの原因となるアポクリン腺はデリケートゾーンにも存在するため、俗に「すそワキガ」と呼ばれる、独特の臭いが体質的にある場合もあります。

■生理サイクル
生理のサイクルによって、膣内の潤いや細菌の状態が変わり、周期的に臭いが強くなるケースもあります。

■雑菌の繁殖
ナイロンのパンティーストッキングなど通気性の悪い衣類を長時間身に着けたり、きついジーンズなどを日常的に履いたりすることによる蒸れも、陰部の雑菌の繁殖に繋がり、臭いの原因となることがあります。

デリケートゾーンを洗いすぎるのもNG!

最近比較的増えているのが、臭いの気にしすぎから、洗浄力のつよい石鹸で頻繁にデリケートゾーンを洗うことによって、自然な膣の常在細菌叢までも洗い流してしまい、かえって炎症や感染を起こしやすくなるというもの。
デリケートゾーンに洗いすぎは禁物。一日一回程度、できればデリケートゾーン専用の洗浄剤で洗う程度で十分です。

【医師からのアドバイス】

臭いの話題は何かとデリケートな部分もありますが、異常なのか正常なのか判断に迷ったらやはり医療機関で、偏らない立場で診断してもらうことが大切ですね。ずっと悩んでいた問題にも解決策が見えてくるかもしれませんよ。

(監修:Doctors Me 医師)