Doctors Me(ドクターズミー)- 子どもの乾燥肌が気になるお母さん必見!幼児に必要なスキンケアとは?

写真拡大

冬は特に肌の乾燥が気になる季節ですね。乳幼児をもつお母さんの中には、子どものスキンケアについて悩む方も多いのではないでしょうか。
今回は、幼児の乾燥肌を防ぐ方法やスキンケアについて、医師に聞いてみました。

幼児の肌は敏感で繊細!

肌の一番外側の“角質層”には、外部の刺激から肌を守る大切なバリア機能があります。しかし幼児の角質層は、大人の半分から3分の1程度の厚みしかありません。

また、角質層を覆っているのが“皮脂膜”です。生後2〜3カ月頃までは、お母さんからのホルモンの影響で皮脂の分泌量が盛んです。しかし皮脂の分泌量はだんだんと減り、生後3〜4カ月頃より肌が乾燥しやすい状態になります。そして1歳頃〜思春期前までが、人生の中で一番皮脂の分泌量が少ない時期といわれています。

肌が乾燥するとどうなるの?

角質層が乾燥するとバリア機能が低下し、外部の刺激を受けやすくなります。皮膚が過敏になり、かゆみが生じることもあります。皮膚をかいてしまうと角質層に傷がつき、さらにバリア機能が低下することになります。皮膚のバリアが破壊されると、水いぼなどの皮膚の感染症にかかりやすくなるといわれています。

このように幼児の肌は大人よりも乾燥しやすいため、スキンケアが不可欠です。では、どのようなスキンケアを行うといいのでしょうか。

スキンケアの基本1:肌を清潔にする

肌にはバリア機能があるとともに、皮膚が酸素を取り込んで循環させる機能(皮膚呼吸といいます)もあります。肌に汚れが付着した状態が続くと、肌から分泌される汗や皮脂と合わさり、毛穴が詰まって皮膚の循環が悪くなってしまう場合もあります。

肌が汚れている時は、シャワーや入浴時にきれいに洗い流しましょう。優しい泡を手にとって、肌をマッサージするように汚れをとります。この際、タオルなどでゴシゴシこすり過ぎてしまうと肌を傷つけ、バリア機能の低下を招く可能性があるので気を付けましょう。

スキンケアの基本2:しっかり保湿する

肌をきれいにした後は、保湿クリームやローションでしっかり保湿しましょう。大人と同様、清潔な肌に塗るのが基本です。塗る範囲や身体の部位によって、ローションとクリームを使い分けるとよいでしょう。下記を参考にしてみてください。
・顔…ローション。口周囲にはクリームや軟膏を重ねる
・身体全体…ローション
・手足の関節…ローションの後にクリームや軟膏を重ねる

医師からのアドバイス

いかがでしたか? 幼児の肌は、大人よりも乾燥しやすい状態です。常に清潔と保湿を心がけて肌のバリア機能を低下させないことが、皮膚トラブルの予防につながります。

(監修:Doctors Me 医師)