大晦日のケルンでの性暴行や強盗事件 容疑者のうち18人は亡命希望者

ざっくり言うと

  • 15年の大晦日、ドイツ西部のケルンで性的暴行や強盗が多発していた事件
  • ドイツ内務省は8日、容疑者31人のうち18人が亡命希望者だったことを公表
  • 事件の対応を批判されていたケルン市警は8日、市警トップの解任を発表した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング