賞金女王記念トロフィーを贈呈され、笑顔を見せるボミ(撮影:福田文平)

写真拡大

 本間ゴルフの契約選手13選手が登壇した「2016 TEAM HONMA NEW Year's Party」が1月8日(金)に都内で開催。2015年シーズンの賞金女王で、本間ゴルフの新ブランド『Be ZEAL』アンバサダーに就任したイ・ボミ(韓国)はブランドPR、女王記念トロフィーの贈呈式、トークセッションなどで“ボミ・スマイル”を存分に見せた。
【関連】強さの秘密は…?全てにおいてハイレベルなイ・ボミのスイング(連続写真14枚)
 “TEAM HONMAの顔”として大活躍。まずはブランドPRだが、熱意系アスリートのためのブランド『ツアーワールド』に続く、熱意系アベレージ向けブランド『Be ZEAL』のプロモーションビデオに出演しているボミ。映像のなかでの決め文句“もう100なんて打たないで。”を照れ笑いを浮かべながら披露した際には「(撮影は)すごい恥ずかしかった」と告白してゲストの笑いを誘った。
 また壇上にプロが並び、YESorNOで質問に答える企画では“現在使用しているTWのクラブのいいところを3つ以上言える!”という質問では大きなアクションで“YES”。「1個目はカッコいいヘッドデザイン、2つ目は飛距離、3つ目はイメージ通りの弾道」とズバッと模範解答。“本間ゴルフの売り上げに貢献している”という質問では、周りのプロに促されながら“YES”を挙げるなど、輪の中心となって会場を盛り上げた。
 1週間後にはアメリカに入り、来季への準備を始めるというボミ。目標に掲げる“メジャー優勝”は国内だけなく、海外メジャーも当然視野に入れる。「体力のトレーニングが一番。今季は(シーズンを通して)ドライバーが良かったのですが、メジャーで勝つにはボギーを打たないことが大事なので、バンカーショット、アプローチ、パッティングの精度を上げたい」とショートゲームのさらなる進化をストイックに目指していく予定だという。
 「今季のような活躍は難しい」と最高のシーズンを超える結果を求める明確な言葉は口にしなかったものの、2015年シーズンは高い目標を持って望んだからこそ結果を得ることができた。男女通じて歴代の国内最高獲得賞金額を更新した“最強女王”は今季も貪欲に強さを追い求めていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>