注目生放送でベッキースマイル、不倫騒動を感じさせない番組進行。

写真拡大

不倫騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31歳)が、1月9日に放送されたバラエティ番組「にじいろジーン」(フジテレビ系)に出演。騒動後初の生放送とあって注目を集めたが、番組ではその話題に触れることなく、普段と変わらぬ“ベッキースマイル”を見せた。

山口智充(46歳)と共に番組のMCを務めるベッキーは、この日も平常通りコーナーを仕切り、時に笑顔を見せてコメントするなど、最後まで騒動を感じさせない進行ぶり。これにはTwitterなどで「鋼メンタルだな…」「これはプロ」「目が笑ってない気はするけど普段通りに近い」「生放送頑張ってるね」「ちゃんと笑ってるのがすごい」などの声が上がっている。

この一件は、現在発売中の「週刊文春」が、ベッキーとロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27歳)との交際を伝え、騒動に発展したもの。同誌は長崎にある川谷の実家を訪れた2人を現地で直撃したほか、ベッキーが新婚の川谷に離婚を促しているLINEの履歴や、ホテルの部屋でのツーショット写真なども掲載するという、衝撃の内容だった。

また、「週刊文春」発売前日の1月6日には緊急会見を開き、ベッキーは「軽率な行動だった」と謝罪。しかし、会見では質疑応答の時間はなく、一方的に謝罪のコメントを発するのみだった点も、多くのメディアから「スポンサー向けの会見」と批判を浴びている。