あまりがちな白菜が驚くほど簡単においしくなる!「白菜のたいたん」レシピ

写真拡大

長男のアレルギーをきっかけに料理を始め、“無添加手作りごはん”を実践している料理家の宮川順子さん。著書『料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由』から、この季節あまりがちな「白菜」が驚くほどカンタンにおいしくなるレシピをご紹介!

炊飯器でカンタンおいしい! 無添加“自家製ロースハム”レシピ

白菜のたいたん

<Point>
白菜を切ってゆっくりと蒸し煮にするだけで、信じられないほどの甘味とうま味が! だしなし、手間なしの、奇跡のおばんざい! しょうがや豚肉を加えるとメイン料理にもなります。

■材料(3〜4人分)

白菜…半個(ミニ白菜なら1個)
ごま油…大さじ2

A
日本酒…50㎖
水…50㎖

B
薄口醤油…大さじ2〜3
塩…少々

C
花かつお…適量
すりごま…適量

■作り方

1. 白菜は白いところと葉に分け、白いほうは4〜5冂垢気里修切りに、葉は6〜7冂垢気棒擇襦

2. 深めのフライパン(または大きめの鍋)を温めてごま油を入れ、白い部分を入れてさっくりかき混ぜ、全体にごま油をなじませる。

3. Aを加えてふたをし、極弱火に落として15分ほど度煮る。

4. ふたを取って葉を加え、一混ぜしたらBを加えて味を調え、器に盛ってCをふる。

料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由

子どもを守るために、バブルOLがド根性母ちゃんへ変身!
人気料理家・宮川順子の涙と笑いの15年レシピエッセイ。

料理を楽しむコツがたくさん詰まった、ずっと持ち続けていたい一冊です。

<コンテンツ>
・家庭料理の一番のコツは「頑張らない」
・調理は「煮る」と「焼く」ができればいい
・食材の「旬」と「産地」を考える
・料理は献立が8割、「おいしい」は2割
・汁物は毎日3回あっていい
・毎食手作りのタイムマネジメント
…etc.