秋から冬にかけてはお肌が乾燥しやすい季節です。そのまま放っておくと、お肌の老化が進む原因になるので要注意。ここでは、冬のお肌を乾燥から守る方法をご紹介します。

冬はカサカサ乾燥肌になりやすい……

皮膚の表面には角質層があり、紫外線や細菌、摩擦など外部からお肌を守ったり、体内から水分が蒸発するのを防ぐ働きをしています。角質層はケラチンやアミノ酸などで構成され、20%くらいの水分を含んでいるのが普通です。角質層は皮脂膜に覆われて保護されているので、お肌の潤いやしなやかさを保つことができるのです。冬にお肌が乾燥するのは、外気が乾燥することで角質層の水分が奪われるから。また冬にひきやすい風邪などの体調不良も乾燥肌の原因ですし、年齢とともに皮脂の分泌が少なくなることでも乾燥が進みます。お肌の乾燥を放っておくと、角質層のバリア機能が低下し、ますますお肌の乾燥が進むため、シミやシワの原因となってしまいます。

冬のカサカサ乾燥肌をしっとり肌に変える方法は?

乾燥からお肌を守って、しっとり肌を保つには、外側からと内側からのアプローチが重要です。ここでは、乾燥からお肌を守る方法をご紹介します。

【室内の湿度は50%〜60%をキープ】

室内の湿度を保つことで、外側からしっとり肌を守ることができます。冬場でも50%〜60%位の湿度をキープしましょう。湿度が下がったら、加湿器で湿気を補充。加湿器がない場合は、濡れたタオルなどを部屋の中に置く方法もあります。

【水分の蒸発を防ぐために美容オイルは必須】

角質の水分量を保つために皮脂膜の働きは重要です。お肌が乾燥しているのは、皮脂膜の働きが衰えているということでもあります。洗顔後は化粧水でしっかりと保湿をしたら、美容オイルやクリームなどを使うことで、お肌の乾燥を防ぐことができます。外出時の乾燥を防ぐためには、外出前に薄くオイルを塗っておくと効果があります。

【お肌の乾燥を防ぐにはビタミンEやビタミンB群がおススメ】

ビタミンEには毛細血管の血行を促進する働きがあるので、乾燥が進みやすい冬におススメの栄養素です。また、ビタミンB2やB6には新陳代謝を活発にする働きがあるので、正常なお肌のターンオーバーをキープすることができます。サプリメントを利用するのも一つの方法ですが、カボチャやナッツ、大豆製品などビタミンEの多い食品や、納豆、牛乳、イワシ、卵、豚肉などビタミンBが多く含まれる食品を意識して食べてもいいですね。


writer:岩田かほり