キユーピーは2016年1月6日、主力商品の「キユーピーマヨネーズ」の50〜450グラムのうち5製品と、「キユーピーハーフ」全3製品の賞味期間を、これまでの10か月から12か月に延長する。

発表資料によると、マヨネーズは、製造工程で加熱殺菌した卵を使っており、常温でも同じ状態を保てる。今回、キユーピーマヨネーズは製造時の酸素レベルを下げることで賞味期間を延長できると確認したという。キユーピーハーフは内容の配合の変更で、賞味期間を延ばすことが可能になった。

キユーピーハーフは1月22日出荷分から、キユーピーマヨネーズは3月製造分から、それぞれ賞味期間を変更する。