写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)の玄関口にあたるJR京葉線舞浜駅の発車予告ベルが、1月12日〜3月18日の期間限定で、ディズニー映画『アナと雪の女王』の音楽に変更となることが8日、わかった。東京ディズニーランドのスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」にあわせて実施される。

新しい発車予告ベルは、ディズニー映画『アナと雪の女王』でおなじみの「生まれてはじめて」(上り線)、「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」(下り線)のメロディ。舞浜駅のホームに降りた瞬間から、『アナと雪の女王』の世界に包まれる。期間は、1月12日の初電から3月18日の終電まで。

なお、現在の発車予告ベルの音は、ディズニーソング「It’s a small world」(上り線)、「Zip-A-Dee-Doo-Dah」(下り線)となっている。

今年で2回目の開催となる東京ディズニーランドの「アナとエルサのフローズンファンタジー」(1月12日〜3月18日)は、「フローズンファンタジーパレード」にアナやエルサ、オラフに加え、クリストフやハンス、トロールなどが新たに登場。また、昨年も期間限定で公演した「ワンス・アポン・ア・タイム〜スペシャルウィンターエディション〜」では、『アナと雪の女王』のシーンを、今年は日本語バージョンに変更して公演する。

(C)Disney