Netflix、「世界最大の放送局」へ:新たに130カ国をカヴァー

写真拡大

ネットフリックス社は、2007年の創業以来9年の間に、60カ国でコンテンツを配信するまでに成長してきた。さらに今回、「中国・北朝鮮・シリア・クリミア」以外の130カ国を一気にカヴァーし、従来のどの放送局よりも守備範囲を広げることになった。

ネットフリックス社のリード・ヘイスティングスCEOは1月6日(米国時間)、ラスヴェガスで開催されている家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(CES)で基調講演を行った(冒頭の動画)。

「Netflix、「世界最大の放送局」へ:新たに130カ国をカヴァー」の写真・リンク付きの記事はこちら

講演では、配信予定のプログラムがいくつか紹介され、同CEOがテレビの過去と未来について語ったあと、オリジナル番組の出演者らによるトークが行われた。そして1時間半の講演の最中に、ネットフリックス社は新たに130カ国での配信サーヴィスを開始した。

会員にDVDを郵送するサーヴィスから始まり、今はテレビ番組や映画の配信サーヴィスで知られるネットフリックス社は、2007年の創業以来9年の間に、北米、南米、西欧、オーストラリア、ニュージーランド、日本を含む60カ国でコンテンツを配信するまでに成長した。

さらに今回の業務拡大で、アフリカ、東欧、アジアと中東のほぼ全域を一気にカヴァーし、従来のどの放送局よりも守備範囲を広げることになった。

例外は、同社が営業手段を検討中だという中国と、米国政府の規制により営業不可の国。つまり、北朝鮮、シリア、クリミアだ。

同社では、新たに拡大した市場に対応するために、アラビア語や韓国語のほか、中国語の簡体字・繁体字のサポートも追加し、さらにほかの言語も開発中だという。

権利や利害関係、規制は国や文化圏によってさまざまであるため、ネットフリックス社が提供するコンテンツも国によって違う。しかし、「ジェシカ・ジョーンズ」や「センス8」のような同社オリジナルコンテンツは、おそらくどんな地理的制約もなしに、どこでも同時に楽しめるようになるという。

You can now watch Netflix in… South Korea, Afghanistan, Angola, Antarctica, Burkina Faso, Burundi, Benin…

― Netflix US (@netflix) 2016, 1月 6

関連記事:ぼくらは「Netflix日本上陸」に期待していいのだろうか? いまのところYesと言おう

TAG

Ars Technica USNetflixTVVideo