間口の広い庫内とお手入れしやすいフラットな底面

写真拡大

東芝ホームテクノは、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品、「石窯ドーム ER‐ND200」を、2016年1月下旬に発売する。

総庫内容量30リットル未満のオーブンレンジでは最多となる300の自動メニューを採用。新たに搭載した4.3インチの「カラー&タッチ液晶」で簡単に選べるため、料理が初めての人も、料理のレパートリーを増やしたい人も、料理画像を見ながらメニューを選んでスタートするだけで、面倒な時間や温度の設定はすべてお任せで調理できる。

トップ画面は、「毎日使うあたため機能」や「手動調理」「300メニューが選べる自動調理」「おすすめの調理」「設定やお手入れ」の5画面。約6ミリメートルの文字高さを標準文字サイズとし、横長の画面に、横幅70×高さ35ミリメートルの大きな料理画像を表示できる。

自動メニューは、「料理のカテゴリー」「食材」「メニュー番号」「50音」から選択できるほか、石窯メニュー、ノンフライといった「おすすめ」からも選択できる。自動調理300メニューは、お惣菜173メニュー、パン60メニュー、スイーツ67メニューの合計で、その中には10のノンフライメニュー、手軽に短時間で調理できる65のお手軽メニュー、料理教室のABCクッキングスタジオと共同開発した12のメニューが含まれる。

生活シーンにあわせて選べる、「スチーム全解凍」「お急ぎ全解凍」「さしみ(半解凍)」の「3つの解凍」機能も用意した。

間口は幅39センチメートルの広い庫内に、お手入れしやすいフラットな庫内底面を採用した「ワイド&フラット」構造。さらに、石窯のように高温ですばやく表面を焼き上げて、うまみを閉じ込められるよう、湾曲した庫内天井の「石窯ドーム構造」とオーブン温度270度を採用した。

加えて、清掃の手間が減らせるように、天井ヒーターを埋め込み式にしたほか、庫内は微細な粒子のセラミックコーティング「とれちゃうコート」で、調味料の汚れや油脂汚れなどを簡単に落とすことができる。

総庫内容量は26リットル。色は、グランホワイト。

オープン価格。