あの奇跡の46歳も愛用! スーパーフード「キヌア料理」は意外にも超簡単だった

写真拡大

ここ数年、スーパーフードとして注目を集めるキヌア。コレステロールを下げ、美容やダイエットにも効果絶大と世界中で人気になっています。歌手のビヨンセは産後ダイエットにキヌアを取り入れ、たった3か月で26キロ減のダイエットに成功しました。

日本でも、46歳になっても衰えを見せない美貌の森高千里さんや、スタイル抜群のローラさんや安田美沙子さんなども日常食に取り入れているようです。

キヌアは、最近ではスーパーなどですぐに手に入ります。でも、馴染みのない素材の料理ってなんだか腰が引けてしまいますよね......。ご安心ください。キヌアの料理は超シンプルなんです。

意外と日本人向きかも? 炊飯器でも簡単に

まずはキヌアのすごさをご紹介します。白米と比較すると、タンパク質は2倍以上、鉄分は5倍、カルシウムは6倍、食物繊維は10倍。しかも、穀物なのに食物繊維は1カップで1日の摂取量の21%も摂れるし、人間の体内では作れない必須アミノ酸を全て含む......という圧倒的な栄養価を誇るキヌアはまさにスーパーフード。国連からは「奇跡の穀物」に指定され、NASAからも「宇宙食」としての評価を受けるほどです。

しかも、女性ホルモンと似た働きをするフィトエストロゲンが含まれているので、性らしい体つきにしたり、肌や髪をツヤツヤにしたりする効果も。まさに女性の味方です。

それでは、作り方は――?

【材料】

キヌアカップ1に対し水2(またはブイヨンやスープ)
オリーブオイル少々

【手順】

1. コメを炊くときと同じように洗い水を切る。(キヌアは細かいので茶こしや粉ふるいなど目の細かいものを使いましょう)
2. 鍋にオリーブオイルを少し入れ、軽くいためる。
3. 水またはスープを入れる。
4. ふたをして沸騰したら弱火にして15分ほど。
5. ふたをしたまま5分ほど蒸らし、かき混ぜる。

以上です。

炊飯器で炊いてしまうのもオススメです。2合分のキヌアに対し、水400ccと酒大さじ1を入れ、スイッチオンするだけです。

出来上がったらそのまま主食として食べたり、ご飯に混ぜたり、サラダやあえ物に入れたりして楽しんでください。

記者はカレーに、ご飯のかわりに添えていただきました。いつものカレーがキヌアのおかげでカフェ的なオシャレカレーに大変身! クセも少ないので、和食とも相性が良さそうだなと思いました。ぷちぷちとした独特の食感にもハマりそうです。