▽岐阜は8日、京都のMF田森大己(32)が完全移籍で加入することを発表した。京都からは期限付き移籍していたDF磐瀬剛に続き、今オフ2人目の加入となる。

▽広島の下部組織出身の田森は、法政大から2007年に甲府へ加入。2009年に愛媛へ移籍すると、2013年から京都でプレー。京都での3シーズンでJ2通算61試合に出場し1得点を記録していた。

▽岐阜は田森について「守備の能力が高く、素早い寄せで相手の攻撃の芽を摘む」選手として紹介している。田森は岐阜を通じて加入の意気込みを語っている。

「今年FC岐阜でプレーさせていただくことになりました田森です。J1昇格に向けて皆さんと一緒に戦っていきたいと思いますので応援よろしくお願い致します」