なんと椅子に座ってできるおなかのたるみ解消エクササイズがあります。「わざわざマシンを使ったり、寝そべって腹筋したり、はめんどうくさい」という人にはおススメです。家事の合間にテレビを見ながらできますし、オフィスのデスクワークの休憩時間に簡単にできます。 今日から早速始めてみませんか?

ぽっこりおなかになる原因とは?

1.筋力低下

腹筋は日常生活であまり使われない筋肉なので、意識的に鍛える必要があります。アラサーの声を聞いた頃からおなかのたるみが始まります。

2.基礎代謝の低下

筋力が低下すると基礎代謝がダウン。体脂肪が増えてくるので、おなか周りに脂肪がつくのです。

3.コラーゲンの不足

コラーゲンは年齢とともに不足してきます。コラーゲンは肌のハリやツヤを保つためのたんぱく質で、不足することで肌がたるみます。なんと10代と40代ではコラーゲン量が倍ぐらい違うのだとか!

あなたは内臓脂肪型? 皮下脂肪型?

腹筋の内側についているのが内臓脂肪。体に加えられる衝撃を和らげたり内臓を守ったりするはたらきを持ちます。内臓脂肪は運動や食生活に気を使えば、簡単に落とすことができます。皮下脂肪は皮膚の下についた脂肪で、エネルギーを蓄えたり、体温を維持したりする機能を持ちます。脂肪がついた場合は内臓脂肪が先に落ち、次に皮下脂肪が落ちていきます。

ぽっこりおなか解消エクササイズ椅子に浅く座って足を軽く揃え、両手は左右の椅子に置きます。息を吸って背筋を伸ばし、右足を持ちあげて太ももをおなかに近づけていきます。両手は肩の高さにゆっくりと上げていきます。息を吐いて上半身を右にねじり、5秒静止します。息を吸って上半身を真正面に戻し手をおろします。息を吐いて足を床に下ろします。

反対側の足のエクササイズも同様に行って、1回に5〜10セットぐらい行います。


writer:松尾真佐代