日本の”集団行動”にインスパイアされたHONDAのCM!車の広告なのに”人の動き”にこだわった理由とは?

写真拡大 (全2枚)

一糸乱れぬ正確な集団行進と、車のコラボレーション。

少々風変わりなこの動画は、昨年9月に海外で公開されたHONDA「HR-V」のCMです。
皆さんもテレビなどで一度は目にしたことがあるであろう、日本体育大学の「集団行動」のパフォーマンスにインスピレーションを得て制作されました。

まずは、この華麗な動きをご覧ください。

 

本CMが何よりユニークなのは、車の機能性を「人々の動き(パフォーマンス)」で表現している点です。

通常であれば、ダイナミックなドライビングシーンや数値データを用いてその性能の高さを訴求するでしょう。しかし、HR-Vは他の車種よりも比較的若い人をターゲットとしていることから、専門的なスペック訴求ではなく「人」を使うことで、”体温のあるエンジニアリング”というコンセプトを体現しています。

細部まで計算しつくされた美しい集団行動を通して、メカニカルな面に明るくないターゲット層にもHONDAのエンジニアリングのレベルの高さをキャッチーかつ魅力的に伝えることに成功しているのではないでしょうか。

制作を手掛けたクリエイティブ・ディレクターのポール・ジョーダン氏は「我々は、HONDAの車がいかに完璧に設計されているか、そしてそれによってどのような感覚がもたらされるかを伝えたかったのです。物事が美しいまでに完璧に組み合わさった時に得られる感覚が、まさにこの動画に表現されています」とコメントしています。

確かにこの動画を見ると、不思議と気持ちの良い感覚が残ります。

HR-Vという車種を超えた、HONDAならではのモノづくりへのこだわりをも感じさせてくれる動画です。

企業:HONDA
タイトル:Honda Stepping