専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第36回

 昨年の国内男子トーナメントは、石川遼選手の活躍で、終盤戦は大いに盛り上がりました。

 けれども、ギャラリーの入場者数は、今ひとつだったようです。特に、最終戦の日本シリーズJTカップ(12月3日〜6日/東京都)は、会場が東京よみうりカントリークラブと交通の便がよく、天気も晴れて絶好のゴルフ日和。そのうえで、人気プレーヤーの石川選手が優勝したので、さぞや多くのギャラリーが詰め掛けたのだろうと思いましたが、例年並みの人出だったそうです。

 これは、憂慮すべき問題です。好条件でも入場者数が増えないのは、ギャラリーの微妙な意識の変化があると思います。

 ゴルフファンの多くは、ファン以前にプレーヤーなのです。なまじっか自分がプレーするものだから、厳しい目をしているわけです。ですから、男子ツアーに求めるものは、圧倒的なスーパーショットです。

 私も、全盛期のタイガー・ウッズやジャンボ尾崎は、試合会場まで足を運んで生のプレーを見に行きました。やっぱり、彼らはオーラからして違うし、ミサイルみたいに飛んでいくショットにも、音だけで興奮していました。

 しかし今は、プロなら誰もが飛ばし屋さんです。石川選手がなんぼ飛ばしても、「こんなショット、見たことない」とはなりません。しかも、ファンの皆さんは、アメリカのPGAツアーをテレビで見ているので、中途半端な日本人選手のショットじゃあ、満足しないのです。今なら、さしずめバッバ・ワトソンとかね、「彼の350ヤードショットなら、見てみたい」となるんでしょうね。

 まあ、これが女子ツアーだと、一生懸命日本語を覚えて日本ツアーに溶け込もうとしているイ・ボミ選手とか、愛らしい選手や若い選手なんかががんばっている姿を見たいな、となるわけです。それはそれで、アイドルコンサートに近い目線というか、自分の娘への愛情のような意識で見ていますから、ファンは大満足です。

 何にしても、アマチュアゴルファーであるゴルフファンにとって、現状の日本男子ツアーの試合観戦は、精神的にしんどいのです。

 まず、トーナメント会場に行く過程が難儀です。普段、自分がプレーするときは自慢の高級外車などで乗り付けますが、試合観戦となると、電車を乗り継いで、シャトルバスで移動。そうやってがんばって来たご褒美が、会場でアポロキャップをもらえて、よかったですね、といった具合。なんだかなぁ......。

 さて、コースに着きました。いつも大手を振って歩いているフェアウェーですが、観戦中は中に入れません。当たり前ですが、いつもOBゾーンの外ばかりを歩きます。

 前出の東京よみうりCCなんか丘陵ですから、歩くところは傾斜ばかり。そこでは、「オレはこんなところにボールは打たないぞ」なんて文句をぶつくさ言って、丘の上から見るパッティングシーンでも、「あの選手、全然ショートじゃん」と、遠目から不満をたれます。が、単なるギャラリーですからね、永遠に自分の打順は回ってきません。あしからず......。

 さらに、トーナメント4日間の通し券で料金1万円くらい払っているのに、クラブハウスを利用できません。雨の日はもちろん、クソ暑い日や寒い日でも、クラブハウスに入れずに丸一日外で過ごすのは、ホントしんどいです。

 クラブハウスでふんぞり返りながら、ビールを飲んで、特製チャーシュー麺とか食べられないし、トイレだって、ウォシュレット付きの、お尻に優しい便座も使えません。ギャラリーは、工事現場にあるような、簡易トイレで用を済まさざるを得ないのです。しかも、和式トイレだったりしたら、治りかけの痔が再発しそうで怖いです。トホホ......。

 そのうえ、人気選手目当てで試合を追いかけると、ゴルフクラブの代わりに双眼鏡と脚立を持って、18ホールを延々徒歩行軍です。

 結局、目の前にゴルフコースがありながら、一球も打てずに一日過ごすって、すごく悲しいです。実際、あまりにつらくて、帰りに練習場に寄った人が私の周りにもいますから。

 そんなわけで、もっと試合を面白く見せる工夫をしてもらわないと、アマチュアゴルファーであるゴルフファンは、試合観戦を楽しめません。試合中は、18ホール全部にテレビカメラを導入して、特別映像をギャラリーに見せるとか、やってほしいですね。施設面でも、エアコン完備の観戦ルームや食堂とか、ウォシュレット付きのトイレとか、有料でいいから増やしたりしてほしいです。

 ロックコンサートなんて、全部見ないで、雰囲気だけを楽しんでいる人が結構いますから。要は、いかに楽しく見せる演出が大事かってことです。

 究極は、会場にいながら、試合を追いかけなくても楽しい。そう思わせれば勝ちですね。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa