D2C Rのデータ基盤「ART DMP」、MAツール「Tapjoy」と提携〜分析から運用の効率をUP

写真拡大 (全2枚)

 1月7日、D2C Rのデータ基盤「ART DMP」とタップジョイ・ジャパンのマーケティングオートメーションツール「Tapjoy」が提携を開始した。これにより、データ分析から運用までを一貫して行える統合的アプリマーケティングツールとして、活用可能になった。

 D2C Rは1月7日、自社が提供するデータ基盤「ART DMP」と、タップジョイ・ジャパンが日本で展開するマーケティングオートメーションツール「Tapjoy」との提携を開始した。

 同提携により、「Tapjoy SDK」を搭載したアプリから取得したデータをTapjoyサーバー上で分析し、その分析後のデータとART DMP内のデータとを掛け合わせる事で、多角的なデータ分析が行える。そして、特定セグメントユーザーを対象としたリテンション広告の配信やプッシュ通知などが可能なため、効率的な運用もできる。

 「ART DMP」は、蓄積、分析されたデータを提携先のDSPやソーシャルメディアなどに提供することで、リテンション広告配信等に利用することが可能なデータ基盤。「Tapjoy」は、スマートフォンに特化した広告ネットワークおよびマーケティングオートメーションプラットフォームで、そのネットワークは世界190カ国以上、SDK搭載端末累計10億台以上に及ぶ。

MarkeZine編集部[著]